ドルフィンスルーのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードを楽しむためには波に乗る必要があります。

波に乗るためには、波が砕けてスープ(白く砕けた泡)になる前の場所に行き、いい波を待つ必要がありますがそこにたどりつくためには、波を乗り越えるためのドルフィンスルーを身につける必要があります。

ここではドルフィンスルーについてなるべくわかりやすく説明したいと思います。

1.ボディボードのドルフィンスルーとは

ボディボードやサーフィンでは、波に乗る沖にでることをゲッティングアウトといいます。

ゲッティングアウトするためには、波が砕けたスープ(白く砕けた泡)を乗り越えていかなければなりません。

ドルフィンスルーとは、このスープを乗り越えていくテクニックのことをいいます。

どうやってスープを乗り越えるのか、ということになりますが、スープの下を潜っていきます。

スープにそのままボードをたてていくと、もみくちゃにされてしまい、押し戻されてなかなか前に進むことができません。

ボードを使用するボディボードでは、ボードと体をスープの下に沈めてスープをやり過ごすというものがドルフィンスルーになります。

2.ドルフィンスルーのコツ

スープの下を潜っていくだけと聞くと、簡単そう思えますが慣れないうちはなかなか難しく、なんどもなんどもスープに押し戻されてはもみくちゃにされるものです。

ボディボードのドルフィンスルーにもコツがありますので、そのコツを意識して行うことでいとも簡単にドルフィンスルーを行うことができるようになるでしょう。

一つ目のコツとして、スープがどれくらいのところで割れているのか見つけることです。




スープの下を潜るのですから、ドルフィンスルーをやるのがスープの直前だと間に合いません。

ボードから2メートルぐらいが妥当かと思われますが、スープがどれくらいまで近づいたアクションを起こすのがよいのかタイミングをはかりましょう。

ボードを沈めにもコツがあります。

そもそも浮かぶように作られているボードですから、腕の力で沈めようとしても沈めることはできません。

二つ目のコツとしては片膝を立てた腕立て伏せを意識することです。

ボードの前から3分の1ぐらいのレールをしっかりと握り、片膝をテール(ボードの後ろ)にのせます。

この片膝を立てた腕立て伏せの状態で、前に体重を移動させることでボードのノーズ(前)が沈んでいきます。

前に体重をかけてノーズを沈めるコツとしては、少し体を近づけてあげることでしょう。

こうやってボードを沈めることができれば、この状態の時にスープが体の上を過ぎていくはずです。

スープが過ぎて行くのとほぼ同時に、片膝を戻してあげます。

ボードは浮かんでいこうとするので、それにあわせて体をボードにくっつけるようにして海面まで一緒に上がっていきます。

こうやってドルフィンスルーの動作がきれいに決まるととても気持ちいいです。

ボードを沈めるタイミングを間違えたり、沈める時にバランスを崩したりしてうまく沈めきれないとスープの下に潜りきれないので、スープにもみくちゃにされてしまいます。

落ち着いて肩膝を立てての腕立て伏せをしっかりと意識してやればきれいにできるので、慌てないでやってみましょう。




おすすめの記事