フィンの使い方 | 趣味のボディボード

ボディボードをはじめたばかりの初心者にとって、フィンを使ったキッキング(足こぎ)はとても重要です。

キッキングはボディボードの基本動作になりますので、趣味としてボディボードをはじめる皆様は、フィンを使ったキッキングの基礎をしっかりと覚えましょう。

ここでは、フィンを上手に使ったキッキングについてフィンの使い方について説明致します。

1.ボディボードのキッキング(足こぎ)

フィンを使ったキッキング(足こぎ)は、ボディボードの原動力です。

キッキングすることで、推進力をつけて前に進むことができ、テイクオフ(波に乗る)することができるので、無理がなく効率的なキッキングを身につけることは、ボディボードの上達に直結すると言ってもいいでしょう。

簡単にとらえてしまえば、キッキングとはフィンを使った足こぎです。

皆さんも学生だった頃に水泳の授業でビート板を持ってバタ足をしたことがあるかと思います。

キッキングは、このバタ足の効率的なものです。

足にフィンをつけることでより多くの水を捉えることができますので、バタ足よりも大きい推進力を発生させることができます。

バタ足の時はバシャバシャと小刻みに動かして早く動かした方が多いと思います。

キッキングでは、ひとこぎで大きい推進力があるので、ひざ下をしならせるように曲げてこぐのがコツです。

イメージ的には、鞭がしなるように足をしならせてこぐ感じが近いでしょう。

あまり力を入れるというよりは、足の付け根から足の先までしならせてこぐのがポイントです。

このときにやわらくしならせてこぐポイントは膝をやわらくして曲げることでしょう。




はじめはコツがあまりつかめませんが、脚全体をしならせることをイメージすることでおのずと身につくでしょう。

2.フィンの硬さに注意

フィンの選び方のところでも触れましたが、フィンには形状と硬さに違いがあります。

フィンの使い方として、あまり硬いものを選んでしまうと水を多く捉えすぎるために脚にかなりの負担がかかります。

特にフィンを付ける足首には非常に多くの負担がかかってしまうため、ボディボード初心者の方は、はじめはあまり硬いフィンを使わないようにしましょう。

同じく、フィンの面積が広いものを使うときも多くの負担を足首にかけることになります。

ですので、趣味としてボディボードをはじめたばかりの方は、フィン選びとフィンの使い方に注意が必要です。

行きつけのボディボードショップで相談しながらフィンを選び、キッキングをトレーニングしながらフィンの使い方を覚えましょう。

ショップでの道具選びは、趣味としての楽しみの一つになるので、キッキングを覚えることでフィン選びがとても楽しくなるでしょう。

3.フィンは自分のスタイルを見極めて使い方を選ぼう

キッキングも慣れてくると通常時とテイクオフ時での使い分けがでてきます。

テイクオフ時は波の特徴に合わせて小刻みにする時もあれば、緩やかにする時もあるでしょう。

自分のキッキングスタイルができてくるかと思いますので、そのような自分のスタイルを見極めていきながらキッキングを上達させましょう。

そうすることで、ボディボードが上達していきます。

フィンの使い方もうまくなり、趣味としてさらにボディボードを楽しむことができるようになるでしょう。




おすすめの記事