ボディボードはフィンなしでも大丈夫?

ボディボードは、比較的手軽に始めることのできるマリンスポーツです。

ボード、ウェットスーツ、フィン、リーシュガードなどがあれば始めることができますが、中にはフィンなしでもできるという意見もあります。

ここでは、そんなフィンあり、フィンなしについて説明したいと思います。

1.ボディボードはフィンなしでも大丈夫?

誤解を恐れずに一言で言いますとフィンなしではボディボードの魅力を味わうことはできないでしょう。

ボディボードは、ボードの上に体を乗せて、フィンをつけた足をこぐことで推進力をつけて前に進みます。

そしてテイクオフの時もフィンをつけてキッキングすることで波に乗ることができるのです。

波は地形や気象条件、潮汐によって様々な状態に変化しますので、そのような波のコンディションに合わせてテイクオフするには、フィンをつけたキッキングの推進力は強力な武器になります。

趣味としてボディボードを楽しむなら、ぜひ自分の足やスキルにあわせてフィンをつけてボディボードを行いましょう。

たくさんの波に乗ってボディボードや海の魅力を体感できるでしょう。

2.はじめての練習にはフィンなしもあり?

夏場の海水浴場にいくとビート板の少し大きめのボードを貸しだしています。

そのように海水浴場でちょっと波に乗る感覚をつかむというやり方では、フィンなしの練習は有効でしょう。

サーフィンでもはじめは波に乗る感覚をつかむために、足の着くところで、スープ(波が砕けて白くなったもの)を使って波に乗る感覚を養います。




ボディボードをはじめてやってみるという方も、はじめての練習の時にそのように足の着くところで波に乗るトレーニングをするのは有効です。

この時、足の着くところではフィンがあると海底を蹴ってボードに飛び乗ることができません。

そういう意味では、足のつくところではフィンをつけて練習することはできないでしょう。

当然、フィンなしで海底を蹴ってボードに乗ることになります。

3.上級者ならフィンなしも可能

ボディボード上級者になった場合は、腕によるパドリングやフィンなしのキッキングでゲッティングアウト(沖にでること)することができ、波に乗ることができるでしょう。

ボードに乗るスタンディングボディボードをやっている動画などもインターネットにあったりしますが、これらは上級者のなせるテクニックになりますので、初心者には関係のないものとして考えたほうがよいでしょう。

とにかくフィンをつけたキッキング(足こぎ)による推進力というのは、ものすごい力であり、フィンなしの場合は、ゲッティングアウトするのが非常に困難になるはずです。

これからボディボードをはじめるという初心者の方は、しっかりと自分の身長、体重、足のサイズ、脚力などを把握した上で適正なボードやフィンを選んだほうがよいでしょう。

適正なフィンをつけることで自分の力以上の推進力をつけることができるので、ゲッティングアウトやテイクオフもしやすくなります。

フィンをつけるということは、まさにボディボードを手軽なマリンスポーツにさせてくれている要因の一つでもあるでしょう。




おすすめの記事