プローンスタイルのメリット・デメリット | 趣味のボディボード

ボディボードには2つのスタイルがあります。

一つはプローンスタイル、もう一つがドロップニーです。

このスタイルの違いにはどんな違いがあるのでしょうか。

ここではプローンと呼ばれるスタイルのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

1.プローンとはボディボードのどんなスタイルなのか

ボディボードのボードの上に腹ばいになって乗り、波乗りするスタイルをプローンと呼びます。

プローンスタイルと呼ばれるものです。

これに対して、ドロップニースタイルというのは、片膝をボードにつけて半立ちするようにして波乗りするスタイルのことをそう呼びます。

一般的に見かけるのはプローンスタイルですよね。

ドロップニーをやる方は、プローンスタイルをマスターしている方でしょう。

ドロップニーではプローンスタイルをやる時より浮力のある少しだけ大きなボードを使用したり、片膝をつけることから、ワックスを塗る場所も少しだけ変わります。

2.プローンスタイルのメリット

ボディボードがこれだけメジャーになり、誰もが手軽に始められるようになったのには理由があります。

同じマリンスポーツのサーフィンをイメージしてください。

サーフィンは、両腕でパドリングしてゲッティングアウトし、ボードの上に立ちながらボードコントロールしながら波乗りしていきます。




ボディボードでパドリングするとわかりますが、パドリングだけでもバランスの取り方が難しく、キッキングに比べるととても多くの体力を必要とします。

そしてボードの上に立ってボードコントロールするためのバランス力をつけるためには、下半身の強化が重要であり、トレーニングを必要とするのです。

サーフィンをはじめても挫折することの理由が、その運動量でしょう。

ボディボードは違います。

プローンと呼ばれる腹ばいになってボードに乗るスタイルはとてもバランスが取りやすいです。

そしてキッキングの推進力はパドリングの比ではありません。

バランスの取りやすいプローンスタイルは、初心者でも比較的容易にテイクオフさせてくれるのです。

テイクオフすることができれば、波に乗る爽快感を味わうことができます。

波に乗る爽快感を味わったらもう病みつきになってしまうでしょう。

ボディボードがこれだけスタイリッシュでメジャーなマリンスポーツになったのは、初心者でも早くテイクオフできることに理由があり、それがプローンスタイルのメリットでもあるでしょう。

しかしながらテイクオフしてから諸々のテクニックへのチャレンジはそれなりにチャレンジと練習が必要となります。

けれども波に乗った時の爽快感と楽しさを味わってしまうと、チャレンジすることが楽しくなる人がほとんどでしょう。




おすすめの記事