テイクオフの姿勢について | 趣味のボディボード

ボディボードのテイクオフとは、波に乗ることを言います。

まずはテイクオフしないと波に乗れませんので、テイクオフを覚えましょう。

テイクオフするに適した姿勢があるので、なぜそのような姿勢が適しているのかなどを交えて説明していきたいと思います。

1.ボディボードのテイクオフで重要なのは重心

ボディボードは波の上を上下、左右に滑り、時には回転するマリンスポーツです。

ボードに腹ばいになって滑りますが、ボードの重心がどこにあるのかで、滑りやすくなるかならないのかが決まります。

キッキング(足こぎ)している時も同じで、重心が後ろにありすぎても、前にありすぎてもいけません。

基本姿勢としては、おへそぐらいをボードの乗せて、足の付け根ぐらいがボードのテールに来るようにするとよいでしょう。

ボードの前を両手で掴み少しハの字になるように開いて、肘をボードからはみ出さないようにしましょう。

そして胸を反らせます。

こうすることでボードの中心よりもややテール側に重心が置かれます。

胸を反らせないと重心が安定せずに前にきたりしてしまいます。

そうなると前に進みにくく、テイクオフもしにくくなってしまいます。

2.テイクオフの姿勢を維持してキッキング

先に述べた胸を反らせた姿勢は、テイクオフの時だけでなくどんな時でも重心を安定させてくれるのでとにかく身につけましょう。

ゲッティングアウト(沖に出る)する時にもこの姿勢を常に意識しましょう。




ボディボードの一番基礎的な姿勢になります。

うねりがやってきたら回転し、タイミングをはかってキッキングします。

そこでスピードをつけることでボードが波をとらえるとボードが滑りはじめ、テイクオフすることができます。

波待ちの段階から、テイクオフするまでに方向転換もしなければなりません。

ただ、先ほどの基本姿勢ができていれば、体のどこが重心になっているのか体感できていますので、そこを軸にして体を反転させるだけで方向転換することができます。

3.波のコンディションも読もう

波には厚い波、掘れる波、スピードのある波など、ポイントの地形や気象条件、潮汐の変化によって様々な波の状態があります。

テイクオフだけでなく、ボディボードを楽しむ上で波のコンディションを読むことはとても重要になってくるので、自分の入るポイントの特性などはあらかじめインターネットやボディボード雑誌で調べたり、ショップの店員などに聞いておくとよいでしょう。

厚い波は強いキッキングが必要になりますし、掘れる波はよりタイミングを必要とします。

自分がどの程度のスキルで、どの程度の波なら乗れるのかを把握しておくとよいでしょう。

初心者のうちは、つねにボディボードに精通した友人などと一緒に海に入ることをオススメします。

波のコンディションを読めるようになると、より早く、より綺麗なテイクオフができるようになりますので、海に入らない日などはゆっくりと波を眺めながら風の動きを読むのもボディボードの楽しみ方かもしれません。




おすすめの記事