バックサイドターンのやり方|スケートボードの乗り方

スケートボードは、ただまっすぐ走っているだけではすぐに飽きてしまうでしょう。ターンを覚えて、行きたい所へ自由自在に行くことができてこと、スケートボードの本当の楽しさがわかるのではないでしょうか。

まずはバックサイドターンでスケートボードのターンを覚えましょう。

1.バックサイドターンってどっち曲がり?

バックサイドターンはかかと側に曲がるターンです。レギュラーの人なら左曲がり、グーフィーの人なら右曲がりです。

スケートボードは横向きで滑りますよね。曲がる方向が背中側になるので「バックサイド」と呼ばれます。。ちなみに反対側のターンはフロントサイドターンです。

2.ターンをやる前に

ターンをやる前にターンの基本的な原理を説明しておきます。

スケートボードでターンをするには、テールを踏み込んでターンをするか、トラックの動きを使ってターンをすることができます。

両方できるようになればかなり細かい動きもできますし、バランスも取りやすいので両方覚えましょう。

3.バックサイドターンのやり方

では実際にバックサイドターンをやってみましょう。まずはテールを踏み込んでターンをします。

1.テールを踏んでやるターン

テールを踏み込んでターンをする方法は、チクタクの動きができる人ならすぐにできると思います。

最初はゆっくりのスピードで始めます。




まっすぐに進んだ姿勢から、若干かかと側に重心を移動させながらテールを踏み込んでノーズをかかと側に向けます。

ノーズを動かすのは少しだけです。一気にやってしまうと、強い遠心力がかかってしまうので難しくなります。少しだけ動かす動きを何回もやって、少しずつ方向転換しましょう。

この時、視線をなるべくターンの進行方向に向けるとやりやすいです。

2.トラックを使ってターン

テール踏み込んでやるターンができるようになったら、トラックの動きだけでターンをします。

トラックには「ブッシュ」というゴムが付いていますよね。そこの部分が稼働するのでターンをすることができます。

トラックの性能やブッシュの硬さによって、ターン弧の大きさややりやすさが変わります。

トラックの動きでターンをする場合は、少し速いスピードをつけて行います。ターンをした時に結構減速しますので、速いスピードをつけても大丈夫です。

まず真っ直ぐ進んでからターンに入ります。かかと側に少しずつ体重を移動していくとデッキが傾いてターンが始まります。

体をターンの内側(かかと側)に傾けるようにすると遠心力とのバランスが取れて綺麗なターンをすることができます。

ここで注意点は、上半身だけで重心移動をすると、ウィールが滑って、ドリフトのようにスっぽ抜けてしまうことがありますので、体全体でバランスを取りながら行います。




おすすめの記事