フロントサイド180のやり方|スケートボードのオーリー

オーリーができるようになってきたら、オーリーを使った様々なトリックに挑戦したいですよね。

スケートボードで空中で半回転する、フロントサイド180などは憧れるトリックだと思います。

フロントサイド180について解説してきます。

1.スケートボードのフロントサイド180とは?

フロントサイド180はオーリーをしながら、レギュラーの人なら左回り、グーフィーの人なら右回りの方向に半回転するトリックです。

進行方向正面に向かって回転させていくことから、フロントサイドと呼ばれます。進行方向を見ながら行えるので、バックサイドよりも挑戦がしやすいトリックです。

2.フロントサイド180のやり方

スタンスはオーリーとほぼ同じですが、若干前足をつま先側にずらしたスタンスをとります。

まずスケートボードをプッシュして真っ直ぐ進みます。そして腰を落としで、ジャンプができるタメを作ります。

体全体をジャンプさせるように持ち上げるのですが、この時に普通のオーリーよりも上半身をスピン方向に回転させながら行います。進行方向に向かって上半身が開くような形になります。

同時にテールを弾いてオーリーを行います。テールの弾き方はオーリーを同じで真っ直ぐに弾きます。

スピン方向に先行させた上半身についていくように、下半身とデッキも回転させます。イメージとしては空中のピークで90度と落下しながら90度回すイメージです。




デッキを180度回転させて両足で着地すればフロントサイド180の完成です。

3.練習方法

スピン系のトリックは止まった状態で行うのが、実は非常に難しくなります。ですので、フロントサイド180を練習する時は、ゆっくりのスピードで良いので、滑りながら行いましょう。

いきなりオーリーしてフロントサイド180をするのは、非常に難易度が高いので、最初はオーリーせずにスライド180をしてみましょう。

やり方は、まずスケートボードをプッシュしてスピードをつけます。ジャンプをするように腰を落としてタメをつくります。

上半身をスピン方向に回転させながら、ジャンプするように体を上方に伸ばします。しかしジャンプはせずに、足が地面から離れるか離れないかの所でデッキを回転させます。

コツはジャンプの寸前で伸び上がりをやめて、デッキから抜重した状態で行うことです。それとアスファルトなどの路面の綺麗じゃない所では抵抗があってやるにくいので、コンクリートなどの綺麗な所でやるとやりやすいです。

スピンをする動きはオーリーフロントサイド180と同じですので、スライド180を練習すれば回転の感覚はつかめるはずです。

スピンの感覚をつかんだら、オーリーをしながら練習していきましょう。




おすすめの記事