ノーリーのやり方|スケートボードのオーリー

スケートボードのノーリーは、ノーリースタンスからノーズを弾いてジャンプをするトリックです。オーリーと全く逆の動きをします。

ノーリーを覚えるとトリックのバリエーションも豊富になりますし、流して滑る時のトリックの繋がりを作るのにも役立つトリックです。

1.ノーリーをやる前に

ノーリーはメインスタンスからノーズ側に移動して、前足でノーズを地面に弾いて行うトリックです。動き的にはスイッチオーリーと同じになります。

オーリとは全く違う動きになりますので、一から技を習得する必要があります。逆にスイッチオーリーができる人なら動き的には同じですので、比較的簡単に習得できるでしょう。さらにフェイキーオーリーもできる人なら前足で弾く感覚もわかると思いますので、すぐにできてしまうでしょう。

ノーリーを最短で覚えるには、フェイキーオーリーやスイッチオーリーなど、様々なバリエーションのスケートボードのオーリーを練習することが1番の近道になります。

2.スケートボードのノーリーのやり方

ノーリーのやり方は、まずスケートボードをプッシュして真っすぐ進みます。

前足をノーズの上に置き、後ろ足は後方のビスの手前くらいの位置に置きます。前足はつま先立ちのようにし、つま先だけをノーズに置く姿勢になります。

腰を落とし、ジャンプができるタメを作ります。




体全体でジャンプをすると同時に、前足でノーズを地面に向かって弾きます。テールが上がってくるので、それに合わせ、テールに向かって擦るように後ろ足を持ち上げます。

後ろ足をテール方向に持ち上げたら、後ろ足を支点にしてノーズが持ち上がりますので、前足も引き上げます。

両足を上半身に引きつけるように持ち上げ、空中でキープします。

両足を伸ばして地面に着地したら、ノーリーの完成です。

3.ノーリーの練習方法

ノーリーはメインスタンスの前足側でノーズを弾く動き、つまりスイッチオーリーの動きができる人なら、早速滑りながら練習しましょう。

前足で弾くノーリーは通常のオーリーと比べると、地面に向かって弾くというよりも、水平方向に蹴るような動きになります。

その独特の蹴る動きの感覚をつかむことができれば、あとはスイッチオーリーと同じような動きで、ノーリーを習得することができます。

1.スイッチオーリーができない人は

スイッチオーリーができない人は、初めてオーリーを練習した時のように、止まった状態で手すりなどに掴まりながら、ノーリの練習をしましょう。

慣れてきたら手すりを離して練習します。さらに慣れたら滑りながら練習しましょう。

ノーリの練習だけでなく、スイッチオーリーの練習もすることが、習得の近道になります。




おすすめの記事