ノーズマニュアルのやり方|スケートボードの乗り方

スケートボードのテールマニュアルができるようになったら、ぜひノーズマニュアルにも挑戦したいです。

ノーズマニュアルの方がテールマニュアルよりも難易度が高いですが、その分うまくいった時の喜びも大きいですよ。

ノーリースタンスのトリックの練習にもなるので、ぜひ挑戦してみてください。

1.スケートボードのノーズマニュアルのやり方

ノーズマニュアルのやり方は、まずプッシュをしてスケートボードで真っ直ぐに進んで行きます。

そしてノーリースタンスのポジションを作ります。前足をノーズの上に置き、後ろ足は後ろのビスのあたりか、少し真ん中よりに置きます。両足ともデッキのセンターに置きましょう。

ノーリースタンスを取ったら、徐々に重心をノーズの方へ移動します。ノーズの方へ移動したらノーズを踏んでテールを上げます。

そのままテール上げた状態をキープして進んで行きます。

ノーズが地面に着いてしまったら転んでしまうので、バランスを取って進みます。

2.練習のやり方

ノーズマニュアルに初めて挑戦する時は、テールマニュアルの練習と同じように、まず止まった状態で行います。手すりや壁などに掴まってノーズを踏んでテールを上げます。

ノーズマニュアルもスケートボードで滑った状態でやらないと、バランスを取ることができません。止まった状態で重心位置やノーズの踏み込み方を確認したら、ゆっくりでも良いので滑った状態で練習しましょう。




最初はかなりゆっくりのスピードで大丈夫です。本当は少しスピードがあったほうがやりやすいのですが、ノーズマニュアルの特性上、ノーズが地面に着いてしまう失敗をすると急ブレーキがかかってしまいます。

慣れないうちは、とっさに受け身を取るのが難しいので、最初は非常に遅いスピードで行います。

最初はテールを一瞬上がるだけで構いません。テールを上げる感覚をつかみましょう。感覚がわかってきたら、徐々にノーズの踏み込みを強くしていきます。そしてなるべくキープできるように練習します。

ノーズが地面に着いてしまった時は、無理に踏ん張るのではなく、スケートボードから降りてしまいましょう。ノーズが着くのにも慣れてしまえば受け身もうまくなり、恐怖心もなくなります。

1.スイッチテールマニュアルで練習

ノーズマニュアルはテールマニュアルと違って、失敗した時が大変ですので、恐怖心が強いと思います。それにノーズを踏み込むことにも慣れていないので、余計に難しさも感じてしまいます。

そこでおすすめなのが、スイッチテールマニュアルの練習です。

レギュラーの人ならグーフィースタンスになり、テールマニュアルをします。前方に投げ出される難しさもないし、ノーズを踏み込み練習もできます。




おすすめの記事