チクタクのやり方|スケートボードの乗り方

スケートボードに乗れるようになったら、次はチクタクを練習しましょう。

チクタクにはスケートボードに大切な動きがいくつも含まれているので、チクタクを練習すれば急速に上達します。

チクタクも非常に奥が深いので、やればやるほど楽しいですよ。

1.チクタクとは

スケートボード初心者にはなかなか聞き慣れない名前だと思います。初めて聞いた人もいるのではないでしょうか。

チクタクとは、テールを踏んでノーズを上げ左右に振って、スケートボードを加速させていくテクニックのことです。

1.チクタクをやる目的

チクタクはスケートボードを加速させるのが目的というよりも、スケートボードの操作を覚えるのが目的です。

テールを踏み込んでノーズを上げれば、後ろのウィールを支点にしてデッキを方向転換することができます。その動きで振り子のようにノーズを左右に降ると遠心力でスケートボードを加速させられます。

この動きがスケートボードでは1番基本の動きになるからです。この動きはオーリーをはじめとする様々なトリックの基礎となります。

さらに左右に動かす動きがターンにも繋がります。

あらゆるスケートボードの動きがチクタクには秘められているのです。

2.チクタクのやり方

チクタクのやり方は上の方でも少し書きましたが、テールを踏み込んで、ノーズを上げて左右に動かします。




スタンスは前足はノーズ側のビスの上辺り、後ろの足はテールの上に置きます。両足とも土踏まずあたりをデッキのセンターに乗せるようにします。

まずテールを踏み込んでノーズをつま先側に動かします。そしてまたテールを踏み込んで、今度はノーズをかかと側に動かします。それを何度も繰り返します。

コツは大きくリズミカルに上半身の先行動作を使ってやることです。

どれだけ速く動いても上半身の先行動作をうまく使わないと、強い加速感は得られないでしょう。上半身と下半身をひねるように反動をつけて動かします。

3.練習方法

最初はテールを踏み込むだけでも難しいと思います。少しずつ練習していきましょう。

止まった状態からテールを踏み込んで、ノーズを上げて左右に動かす。一つ一つの動作を丁寧に繰り返します。

テールが地面につかないように気をつけながら、少しずつリズミカルに連続してできるように練習していきます。

最初は感覚が大切になりますので、上半身を使うとかは意識せず、リズミカルに大きくやることを意識してください。ある程度できるようになったら自然と進行方向に進んで行くと思います。

その感覚をつかんだら、上半身も意識してやってみてください。腕を振るようにして勢いをつけて、その勢いでデッキを動かします。




おすすめの記事