デッキの組み方|スケートボードの基本

スケートボードを始めるにはまずスケートボードを購入しなくてはいけませんね。そして購入したら組み立てなければいけません。スケートボード買い方とデッキの組み方について解説します。

1.スケートボードを購入する

スケートボードはパーツ毎にバラバラに購入するか、コンプリートデッキという全て組まれた物で購入することができます。

初めて購入する人はコンプリートデッキで購入した方が良いと思います。コンプリートデッキは、全てバラバラ購入するよりも価格が安く、初心者用のセットアップになっている物がほとんどですので初心者には無難です。

しかしこのコンプリートデッキも、おもちゃ屋さんに売られている安すぎる物は質が悪すぎるのでやめましょう。最低でも10000円以上のモデルがおすすめです。

2.デッキの組み方

スケートボードをパーツ毎にバラバラで購入した場合は、自分で組み立てる必要があるので組み方を知っておかなければなりません。

コンプリートデッキを購入した方なら組み立てる必要はありませんが、これからのメンテナンスの時やパーツ交換をする時には分解して組み立てなければならないので、組み方は知っておいたほうがいいでしょう。

1.デッキテープを貼る

まずはデッキにデッキテープを貼ります。

最初にデッキテープの台紙を剥がし、デッキの表面に綺麗に貼っていきます。




その後デッキの端の部分をデッキテープの上からトラックや、金属の棒で擦り角を出します。あとはその角にそってデッキテープをカッターナイフでカットしていきます。

最後に、前後に4箇所ずつ開いたトラックを取り付けるための部分に穴を開けます。

2.トラックを取り付ける

デッキテープを貼り終わったら、トラックをデッキに取り付けます。

デッキとトラックをビスとナット(スケートボードではハードウェアと呼びます。)を使って取り付けます。

この時トラックの向きに注意しましょう。キングピンのある方が内側になります。間違ってつけたらまともに走ることも出来ないと思うので、間違ったまま使い続けることはないと思いますが。

3.ウィールにベアリングを取り付ける

ウィールにベアリングを取り付けます。

ゴミが入らないようにシールド(カバー)が外側になるように、両側にベアリングを取り付けます。トラックなどを使ってしっかり奥まで入れましょう。一つのウィールにつき、2つのベアリングが使われます。

4.トラックにウィールを取り付ける

ベアリングを取り付けたウィールをトラックに取り付けます。

トラックに付属してきたワッシャーを使い、ワッシャー→ウィール→ワッシャー→ナット、の順で取り付けます。

注意点はナットをガッチリ締めつけるのではなく、ネジ山とナットが面になる程度に遊びを持って取り付けます。締めすぎるとベアリングの回りが悪くなってしまいます。

これでデッキは完成です。滑り出しましょう!




おすすめの記事