デッキに乗って進んでみよう|スケートボードの乗り方

スケートボードは横向きに進むという独特の動きをするので、初めてやる人はかなり戸惑うと思います。

いきなり滑り出すのは難しいと思いますので、止まったまま乗ってみることから始め、慣れてきたら徐々にスケートボードに乗って進んでみると安全です。

スケートボードの進み方について解説します。

1.スケートボードの進むテクニック

実はスケートボードには地面を蹴る方法以外にも進む(加速させる)方法・テクニックがあります。

・プッシュ
・チクタク
・ポンピング(パンピング)

といった方法です。

1.プッシュ

プッシュは片足で地面を蹴って進むやり方です。おそらくみなさんがイメージする通りのやつだと思います。その中でも前足で地面を蹴るアメリカンプッシュ、走りながらスタートするランニングプッシュなどもあります。

2.チクタク

チクタクとは止まった状態からテールを踏み込み少しだけノーズを上げて、左右に連続して振り子の様に振って加速するやり方です。左右に振る遠心力でスケートボードを加速して進みます。

3.ポンピング

ポンピングはランプやボール、スラロームで使われる方法で、地形や体重移動だけで加速させるテクニックです。

少しイメージしづらいかもしれませんが、ブランコをイメージしたらわかりやすいかもしれません。ブランコも反動や体重移動だけで加速させますよね。それを応用させたようなテクニックです。




高度なテクニックですので、最初は練習が必要です。

このような方法がありますが、最初はきっとどれもできないと思います。ですのでまずは乗った状態から進んでみる、という所から始めましょう。

2.やり方

スケートボードはプッシュをして進むのがイメージにあると思いますが、プッシュは片足でスケートボードに乗ることになるので、意外と難しいです。まずの両足で乗ったまま進んでみましょう。

手すりや壁、手伝ってくれる人がいるなら手を貸してもらってスケートボードに乗ります。

スタンスは両足がトラックのビスの上あたりに来るように乗ります。最初はテールに足を乗っけないほうが安全です。

そしてそのまま手を使って進みます。少しずつ感覚に慣れましょう。その時なるべく下を見ないで、前を見るようにした方が安定しますし練習にもなります。

スケートボードで進むことに慣れるのが目的ですので、一方向だけに進む必要はありません。場所が狭ければ、左に右に行ったり来たりしても十分スケートボードで進むことに慣れることができるので大丈夫です。

慣れてきたら徐々に手を離すようにしていきましょう。さらに慣れてきたら壁や手すりを強く押したり、補助者に押してもらって、遠くまで補助無しで進んでいけるようになったら上出来です。




おすすめの記事