プッシュのやり方|スケートボードの乗り方

スケートボードで最初に感じることのできる魅力は、爽快に滑ることです。軽快に滑ったとても気持ちが良いですよ。

プッシュを覚えて、スケートボードで勢い良く滑っていきましょう。

プッシュは片足だけデッキに乗せて、反対の足で地面を蹴って進んでいくだけのことなのですが、非常に重要な技術の1つです。

1.プッシュやり方

基本的なプッシュのやり方は前足をデッキに乗せて、後ろ足で地面を蹴って進んでいきます。レギュラーの人なら左足、グーフィーの人なら右足をデッキに乗せてやります。

デッキに乗せる足は、横向きにせず前に向けるとやりやすいです。つま先をノーズ側に向けて、前のトラックのビスの中央付近に乗せます。

最初は地面を蹴る方の足に重心をおいて、デッキに乗せている足はデッキに添えるくらいで大丈夫です。右足でケンケンするよに進むと安全に行うことができます。

慣れてきたら、少しずつデッキに乗せている前足に、体重を乗せれるようにしていきましょう。最終的にデッキに片足立ちで進んで行けるようになるのを目標にしましょう。

地面を蹴って進んでく感覚を掴んできたら、地面を蹴った後に後ろ足をデッキに戻す練習をしましょう。

あんまりスピードつけると危ないので最初は遅くて大丈夫です。地面を1回だけプッシュしてスケートボードを進ませてデッキに戻して前足のスタンスを横向きに戻す、という動作をします。




最初は一回だけプッシュして乗るようにしましょう。一回だけの方がスピードもなく安全ですし、勢いで乗らず正しい動作で乗ることができますので、結果的に上達も早くなります。

慣れてきたらプッシュして乗る、の動作を繰り返してどんどん加速してけるようになったらプッシュの習得です。

2.アメリカンプッシュ

通常の後ろ足をで地面蹴るプッシュではなく、後ろ足をデッキに乗せて前足で地面を蹴る「アメリカンプッシュ」という方法もあります。初心者の人にはこっちのやり方の方がやりやすいという人もいます。

しかしあまりおすすめはしません。

フェイキートリックやノーリートリックをする時に使われることがありますが、それ以外の場所ではスケーター達から好まれておらず、ダサいと言われることもあります。

特に初心者の人でアメリカンプッシュしかできないと、あまり良いイメージは与えられません。できればまずは通常のプッシュを覚えましょう。

3.スケートボードの上手さはプッシュでわかる?

スケートボードの上手は人はプッシュも非常に上手です。プッシュの技術にも限界がないと言えるでしょう。力強くてスムーズなプッシュで格好良く決めましょう。

「スケートボードの上手さはプッシュでわかる」なんていう格言もあるくらいですので、格好良いプッシュを目指しましょう。




おすすめの記事