ランニングプッシュのやり方|スケートボードのやり方

ランニングプッシュとは、スケートボードを手に持って、走って助走を付けてからスケートボードに乗るテクニックのことです。

ただスケートボードで走るだけならば、普通のプッシュさえできれば十分なのですが、ランニングプッシュを覚えればいろいろなメリットもあります。

1.スケートボードでランニングプッシュの出番

ランニングプッシュは出来なくても特に問題はありません。しかし綺麗なランニングプッシュができれば、格好良く、上級者っぽくも見えます。

逆に言うと、ランニングプッシュをしないと初心者感が丸出しになっていしまいます。そういう意味では、ある程度スケートボードが上達したらランニングプッシュの習得は必須と言えるでしょう。

もし格好良く滑りたい方はぜひ覚えたいテクニックです。

また技術的にもメリットがあり、普通にプッシュするよりも、ランニングプッシュの方が初速が速いメリットがあります。

初心者の内は初速の必要性を感じることはあまりないと思います。しかし、いずれ助走の短い所でスピードを付けたい場面に遭遇することもあるでしょう。そういう場面ではランニングプッシュの技術が重要になります。

2.ランニングプッシュのやり方

ランニングプッシュのやり方は、前の手(レギュラーの人なら左手、グーフィーの人なら右手)でスケートボードのノーズを掴み持ちます。




デッキを手に持ったまま走り、助走を付けてデッキを地面に置きながらデッキに飛び乗ります。

コツはなるべく低い姿勢で行うことです。低ければ低いほど簡単です。デッキを持つ手の位置も、低いほうが簡単にできます。

ただ低い姿勢だと走りづらくなっていしまうので、スピードは遅くなります。最初は低い姿勢から、徐々にスピードを付けられるようにしていきましょう。

3.練習方法

ランニングプッシュは技術的にそれほど難しいものではありません。ですので、スケートボードに慣れている人なら、殆ど練習しなくてもできるでしょう。

初めてランニングプッシュをする人なら、いきなり走ってデッキに飛び乗るのは怖いと思います。なかなか感覚がつかめないですよね。

最初はデッキを地面に置いた状態でやってみましょう。

デッキを地面にまっすぐ置きます。地面に置いたデッキから一歩だけテール側に下げります。そしてそこから軽くジャンプしてデッキに飛び乗ります。

これでデッキに飛び乗る感覚をつかみましょう。

デッキに飛び乗る感覚がわかったら、デッキを手に持った状態から、走らないでデッキを地面に置いて飛び乗る、というのをやりましょう。

その要領で、徐々に助走をつけて練習していきましょう。助走をつけてデッキの飛び乗ることができたらランニングプッシュの完成です。




おすすめの記事