ブロックの基本的なやり方 | 趣味の卓球

卓球にはブロックという技術があります。

卓球のブロックとは、相手のスマッシュや、ドライブなどの強打を止める、守備の技術です。

卓球の試合では、もちろん、スマッシュやドライブなどの強打は打たれないのが一番ですが、そう都合よくはいきませんよね。

自分のペースで試合を運べずに、相手の攻撃のペースになることだってあります。

そんな時に、相手の攻撃を交わす一つの方法としてブロックをします。

攻撃をかわすのですから、初心者から上級者まで必要な技術です。

上級者では、ブロックで相手の攻撃をかわしながら、チャンスを待って、逆に攻撃を仕掛けていったりします。

カウンターができればいいのですが、なかなかそこまで余裕があるときばかりではありません。

角度だけを合わせるブロックなら、初心者でもできそうですね。

もちろん、ブロックも、いつもできるわけではありませんが、とっさに出すラケットの角度は、やはり練習によって覚えていくものだと思います。

卓球のブロックのやり方は、フォアハンド、バックハンドともに、ラケットの角度を合わせます。

ボールはバウンド直後を捉えるようにします。

回転、球質などにより、その角度を調節する必要があります。

まずは、初心者にとってはボールのスピードに慣れること、角度を覚えていくことです。

ラケット面をかぶせすぎると、ネットにひっかかり、かぶせ足りないと、オーバーすると覚えてください。

あとは、相手のパワーを借りれば、ボールは返っていきます。

ラケットの先端を上に向けて立てるようにする方法もあります。

そのほかに、強いボールに対してはボールに当たる瞬間に少し引いて、パワーを吸収する方法や、少し上方向にドライブをかける方法、ラケットを少し下げるような方法もあります。




強い回転は、自分が少し回転をかけることで相手の回転を抑えることができます。

卓球のブロックは地味なイメージですが、試合では必要な技術なので練習しましょう。

1.1球ずつブロック練習

まずはスピードに慣れるために、コースを決めてスマッシュを1球ずつ、打ってもらい、ブロックの練習をしましょう。

相手の3球目攻撃でもいいと思います。

その次にドライブを打ってもらい、角度の違いを覚えましょう。

相手の5球目攻撃の練習にもなります。

2.ドライブをブロック

相手に連続してドライブを打ってもらい、ブロックをする練習をしましょう。

ドライブマンの練習にもなります。

3.いろいろなブロックを練習

相手が卓球経験者で、強い回転のドライブをかけられるなら、ブロックもいろいろ試してみましょう。

ラケットを少し引くとか、ラケットを上に擦るとか、下におろすなどは、実際に強いボール、強い回転をかけたボールを打つことでしか感覚はつかめないと思います。

卓球経験者のドライブマンのボールを是非受けてみてください。

スマッシュ、ドライブなどは人によって、回転やスピードが違います。

いろいろなボールをブロックすることで覚えていきます。

フォアハンドもブロックができればいいのですが、バックの方がブロックする機会は多いと思います。

また、ブロックはコースも重要です。

ブロックができるようになったら、相手がいない方向へ打てるように練習しましょう。

卓球のブロックのやり方について説明しました。

ブロックは、台の近くの技術なので、体が小さい人でも、非力な人でもできる技術です。

卓球の試合では、ブロックを上手に使い、相手を揺さぶり、チャンスを作りましょう。




おすすめの記事