カウンターの基本的なやり方 | 趣味の卓球

卓球においてのカウンターとは、簡単に言うと相手の攻撃を攻撃しかえすということです。

現代の卓球は、男女ともスピードが速くなっていますね。

相手の攻撃を打ち返すカウンターも卓球の試合などではよく見かけるようになりました。

相手に攻撃されても、守りだけでは、いつまでたっても試合で勝つことはできません。

卓球台の近くでのカウンターならば、初心者でもコツをつかめばできると思います。

卓球の初心者でも、カウンターができるように練習しましょう。

1.角度を覚える

相手からドライブをフォア側に、打ってもらい、まずはラケットを振らなくてもいいので、当てただけで返る角度を覚えましょう。

ボールのバウンド直後を捉えます。

打ってみるとわかりますが、相手のボールの力を借りて、角度さえ合わせれば、返っていきます。

角度を覚えることが大切です。

練習では、どこにボールかくるかがわかっているので、角度だけを合わせれば返っていくので、初心者でも慣れると簡単にできます。

相手がいないところに返せば、これだけでもかなり有効です。

2.小さく振る

角度がわかってきたら、小さく振ってみましょう。

相手のパワーがあるほど、その力を利用できるので、小さく振るだけでも速いボールが打てます。

バックスイングをとっていると、タイミングが遅くなってしまうので、ボールのバウンド直後を捉えるようにします。

力強いスマッシュではなく、とにかく早いタイミングで返すほうが有効です。

3.バックハンドのカウンター

バックハンドでのカウンターをやってみましょう。

相手から、バックにドライブをかけてもらい、まずは角度を覚えましょう。

角度をおぼえたら、ラケットの角度をそのままにプッシュで押し出すように打ちます。

手首を使って小さく素早く振る方法もあります。

手首を振る場合は手首を内側に少し引く分、タイミングがとりにくくなりますが、返すスピードはプッシュよりも速くなります。




やはり、ボールのバウンド直後を捉える感じで打ちましょう。

卓球のカウンターの説明をしましたが、これらすべて、台の近くでのカウンターです。

台の近くでのカウンターは、ある程度、どこに来るかを予測できたときでなければ、打てません。

予測が外れれば、台から少しさがることになるので、打球点も低い位置でドライブをかけます。

バウンドの頂点を捉える場合はスマッシュでもいいと思います。

ボールの打点は、台との位置に関係します。

台から下がるほど、自分の力を使いますので、きちんと体を使えないと、パワーのあるボールを打つことはできません。

また、台から下がるほど、早いタイミングでは打てないので、ボールにパワーを伝えられなければ、効果は下がります。(パワーがある人と、ボールにパワーを伝えられる人とは別です。)

その点を考えますと、台の近くで、ラケットの角度を合わせて軽く振る方法は初心者でもできますね。

もちろん、一流選手も使っています。

せっかく覚えたカウンターなら、積極的に使っていきたいですね。

長く鋭いツッツキを出して相手にドライブをかけさせて、カウンターで返すというパターンの練習をしておくのもいいと思います。

試合で、相手の5球目攻撃を封じ込めることができるかもしれませんね。

また、カウンターは返すコースも重要です。

ボールをよく見なければなりませんが、相手の動きも常に把握していなければなりません。

相手がいないところに打てるように練習しましょう。

カウンターが決まったときはうれしいものです。

相手にとっては、攻撃して得点を取ろうと思っていたところを取られるわけですから、カウンターが相手に与える精神的なダメージは大きいものです。

卓球のカウンターは、やろうと思っても必ずできる技術ではありませんが、普段から練習をしておかなければ、とっさにできることではありません。

たくさん練習をして、卓球の試合では、是非カウンターで得点をとりたいですね。




おすすめの記事