カットマンへの対策 | 趣味の卓球

卓球を始めたばかりの方は、卓球にはいろいろな戦型があることに気付かれたでしょう。

卓球の戦型の一つに、カットマンがあります。

卓球のカットマンとは、台から離れ、ボールに強力な下回転をかけて、相手のミスを誘う、守備型の選手のことを言います。

守備型とはいえ、攻撃もしないわけではありません。

カットマンのカットは、強力な下回転がかかっているので、返球は下に落としやすく、初心者にとっては戦いにくい戦型です。

最近では、数が減ってきたカットマンですが、裏ソフトラバーの強力な回転と、異質ラバーの変則的な回転の組み合わせで、初心者にとってはなおさら苦手とする人も多いでしょう。

同じチームにカットマンがいればいいのですが、いないチームは何を練習したらいいのかわかりませんよね。

そんな卓球の初心者のために、カットマン対策をいくつか紹介します。

1.ドライブの強化

卓球のカットマン対策に欠かせないのがドライブです。

カットマンが苦手な人はまず、ドライブ練習を強化しましょう。

ドライブについては、ドライブの正しいフォームと打ち方の記事で説明しています。

2.左右に振る

カットマンをドライブで左右に振る練習をしましょう。

卓球の試合を考慮して、カットマンをなるべく大きく左右に振る練習です。

ドライブにスピードやパワーも必要になります。

カットマンがいないチームは、多球練習で、左右に1本ずつ、ドライブをかける練習をしましょう。

3.前後に振る

カットマンを前後に振る練習をしましょう。

ドライブとストップを組み合わせて打つ練習をしておきましょう。

カットマンを前後に動かすには、なるべく深いコースへの強力なドライブと、なるべく短いストップができないとなりません。

どちらも返球が甘ければ、逆に打たれてしまいます。

カットマンがいない場合は、ドライブの練習と、ストップの練習をしましょう。

4.ミドルを狙う

カットマンが苦手とするミドルを狙う練習をしましょう。

必ずしもカットマンがミドルを苦手としているとは限りませんが、一般的には苦手としているようです。

左右に大きく動かしながら、時々、ミドルを狙う練習をしましょう。

卓球でのミドルとは、コートの真ん中ではありません。

ミドルとは、相手の右脇腹付近なので、常に相手の動きをよく見ている必要があります。




カットマンがいなくても、普段から、相手のミドルを狙う練習はできます。

カットマン以外でもミドルは打ちにくく、相手は体勢を崩しやすいので有効です。

5.前後左右に動かす

相手を前後左右、ミドルも合わせて動かし、チャンスを作る練習をします。

この練習はカットマンがいないとなかなかできませんが、カットマンが同じチームにいる人は練習しておきましょう。

カットマンは、基本的に下がってボールを返球するため、威力のないスマッシュでは、ほとんど返されると思ってください。

それでも攻撃型が、攻撃をして得点を取りたいなら、カットマンを前後左右に振り、ミドルなどを狙いながらチャンスを作るしかありません。

カットマンを前後左右に振り、体勢を崩したところで、いない方向へ強打します。

カットマンがいなければ、相手にロビングをしてもらえば、前後左右に動かす練習にはなります。

6.粒高ラバーの性質を知る

粒高ラバーにもいろいろあるようですが、一般的には、自分の回転がそのまま返りやすい傾向があります。

こちらが上回転をかければ、回転は、ほぼそのまま返ってくるので、上回転ではなく下回転で返ります。

こちらが下回転をかければ、上回転で返ってきます。

ナックル性のボールが返ってくることもあります。

一般的に、裏ソフトラバーが多いため、裏ソフトで慣れている人たちは、下回転サーブを出して、相手がツッツキで返してくると、そのボールは上回転がかかっていることに慣れていません。

普通に下回転が返ってくると思って返球すると打たれたりします。

しかし、扱いにくいのですが、慣れてしまえばこちらのチャンスボールにもできます。

試合の前にはお互いのラケットを見ることができますので、相手のラバーをよく見ておきましょう。

卓球のカットマン対策について紹介してきましたが、卓球を始めたばかりの初心者や、カットマンがいないチームの人たちは、カットマンに対して、苦手意識があるとは思いますが、どんな戦型にも完璧はありません。

戦型にもラバーにも欠点はあります。

カットマンに慣れているかどうかの違いです。

カットマンがどのチームにもいるわけではありませんが、カットマン対策を知って、卓球の試合でカットマンと対戦したときには、役立ててほしいと思います。




おすすめの記事