ダブルスの基本的な練習方法 | 趣味の卓球

卓球を始めて、ある程度の技術を覚えたら、ダブルスを組んで、ダブルスの基本的な練習をしましょう。

卓球のダブルスの組み方はいろいろあります。

攻撃型と攻撃型、カットマンと攻撃型、カットマンとカットマン、右利きと左利きなどがあります。

しかし、一番重要なのは、2人の相性です。

自分のチームの例ですが、強い選手2人を組ませても、2人の相性が悪いと、試合での好成績はあげられませんでした。

信頼関係がないので、片方が、自分勝手なゲームをするというものでした。

失敗すれば、相手のせいにしていました。

それを見たとき、相性は大事だと思いました。

その2人の場合は、相性が悪いというより、片方の性格がとても自分勝手でした。

パートナーは相当ストレスだったに違いありません。

普通は、パートナーとなったら信頼関係を、お互いが築いていくように、努力をしなければならないと思います。

相手が失敗をしたとしても、責めたりしたら逆効果です。

ダブルスは信頼関係が大切です。

お互いに気遣いを忘れないようにしましょう。

気遣いは、卓球をやる以前の問題ですね。

ダブルスを組んだら、基本的な練習をしましょう。

1.フォアハンドラリー

ダブルスで、フォアハンドラリーをしましょう。

ダブルスは交替で打つために、右利きどうしなら、打ったらうしろにさがり、バック側にまわり、右回りに回るような動きです。

2.バックハンドラリー

ダブルスで、バックハンドラリーで交替で打ちます。

ダブルスの基本的な動きを覚えましょう。




3.ランダム

ランダムに打ち合ってみましょう。

ランダムに打ち合うと、動きは複雑になってきます。

初心者ですと、打ってすぐその場を離れられず、パートナーの邪魔になることも、よく見かけます。

ランダム練習で、ダブルスの動きを覚えましょう。

4.サインを決める

お互いが、どんなサーブを出すのかが分かるようにサインを決めましょう。

卓球のダブルスのサインは、台の下で、相手に見えないように、指でサインを出すのが一般的です。

回転や、サーブの長さなどについてサインを出します。

また、レシーブの時のサインもあるといいと思います。

サーブのサインを決めますが、サーブの精度を上げるように、お互い練習をしておきましょう。

フェークモーションなどを入れて、対戦相手から、回転などを見抜かれないようにすることが大事です。

フェークモーションについては、サーブへのフェークモーションの入れ方の記事で紹介していますが、ダブルスのサーブはフォアクロスだけの片面なので、サーブを見抜かれてしまうと不利になってしまいます。

そして、パートナーの長所を引き出すサーブをします。

もちろん、そればかりでは相手に見抜かれてしまいますが、うまく織り交ぜて、効果的に出しましょう。

お互いに、短く変化のあるサーブを数種類出せるようにしましょう。

ダブルスの基本的な練習方法を紹介しました。

ダブルスは自分一人では勝てません。

相手が失敗したときに責めたり、嫌な態度をしても、いい結果は出ません。

お互いの信頼関係があれば、実力以上の結果も期待できますよ。




おすすめの記事