一人でもできる練習方法 | 趣味の卓球

卓球を始めたけれど、仲間との練習の時間がなかなか取れない人や、みんなとは少しでも差をつけたいと思う人もいるでしょう。

たった一人でも、卓球が上達する練習方法を、いくつか紹介します。

1.素振り

素振りをしましょう。

これは卓球の基本ですね。

素振りは、基本姿勢と素振りの記事で、説明しています。

実際、卓球を始めても、体重移動ができていない人は、ラケットを持たずに、足を肩幅に広げ、右、左と、体重を移動してみるのもいいでしょう。

ラケットを持っての素振りは、鏡や、動画で、正しく素振りができているか確認しましょう。

2.フットワーク

フットワークを確認しましょう。

ラケットで素振りをしながら、フットワークをするのもいいと思います。

素振りと思わずに、きちんとボールを打つイメージをしながらやりましょう。

3.サーブ練習

卓球台がある場合ですが、サーブ練習をしましょう。

回転のかかり具合など、確認しましょう。

練習用のボールを1個、マジックなどで線を引くと、回転のかかり具合がわかります。

回転を強くかけたり、ナックルなど、回転の違いがわかります。

小さいサーブは、なるべく小さく低くせるように練習します。

長いサーブは、なるべく長く、低く出せるように練習します。

卓球台がない場合は、線を引いたボールとラケットだけで、回転をかけるだけの練習ならできます。

フェークモーションなども、一人で練習できます。

4.リフティング

リフティングをしてみましょう。




ラケットを上に向け、ボールを小さく弾ませます。

何度でも、できるようにやってみましょう。

初心者は、はじめは、あまりできないかも知れませんが、卓球経験者は、何度でも続けてできるものです。

卓球経験者は、ボールをコントロールするということを、自然にできているからだと思います。

ボールをコントロールする、微妙な力加減がわからないと、リフティングはできません。

一見、卓球とは関係がなさそうに見えますが、そうではありません。

やってみてください。

5.イメージトレーニング

イメージトレーニングをしましょう。

イメージトレーニングは、いつでも、どこでもできますね。

どんなサーブを、どこに出して、どうやって攻撃していくかなどを、イメージしておきましょう。

いろいろなパターンをイメージしておくといいですよ。

6.体力づくりのためのトレーニング

体力づくりのためのトレーニングをしましょう。

普段、チームでの練習は、時間が足りなくて、トレーニングまでは、十分にできないこともあります。

トレーニングは一人でもできますので、適度にやっておきましょう。

トレーニングについては、卓球に必要な体力を上げるためのトレーニングの記事で、紹介しています。

トレーニングは、人により、体力が違いますので、自分に合ったトレーニングを、適度に行うことをお勧めします。

一人でもできる卓球の練習方法を紹介しました。

少しでも上達できるように、頑張りましょう。




おすすめの記事