試合前の練習について | 趣味の卓球

卓球の試合に出場することが決まったら、試合前の練習の計画を立てましょう。

卓球の試合で実際に活かせるような、実践的な練習をします。

一番避けなければいけないのは、けがです。

無理な練習で、けがをしないようにしましょう。

卓球の試合前の練習について紹介します。

1.練習試合をする

卓球の試合に出場することが決まったら、試合前に練習試合を中心にやりましょう。

特に初心者では、試合経験が少ないので、試合に慣れていないため、練習試合をするといいと思います。

練習試合では、きちんとルールを守りましょう。

卓球のルールについては、最低限覚えておきたい卓球のルールの記事で説明しています。

仲間だけでは、ルールについてあまり、注意深くやっていなかったという人たちは、特に、ルールには気を付けてください。

練習試合では、勝ったか、負けたかだけではなく、何が良かったのか、何が悪かったのかを考えましょう。

2.苦手の克服

練習試合で気が付いた、苦手なことを克服しましょう。

練習試合では、苦手なことが失点になります。

特に、同じチーム内の練習試合では、相手に苦手なことを知られているので、苦手なところを攻められて、失点をすることが多いと思います。

練習で苦手を克服しましょう。

3.得意な技術を磨く

卓球の試合で、得点に結びつく、得意な技術を磨きましょう。

卓球の試合では、何で得点を取るかというと、自分の得意な技術です。

相手のミスで得点を取ることもあるでしょうが、そればかりを期待しているわけにはいきません。

特に、攻撃型は、自分の得意な技術で、確実に得点を取らなければ、試合で勝つことはできません。

4.サーブの練習

卓球の試合に備えて、サーブの練習をしましょう。




卓球の試合では、サーブは重要です。

いろいろなサーブを出せるように、コースも考えながら出せるようにします。

サーブについては、基本的なサーブの練習方法の記事で説明しています。

また、対戦相手にどんなサーブをだすのかを、見破られないために、サーブのフェークモーションも練習をしておきましょう。

フェークモーションについては、サーブへのフェークモーションの入れ方の記事で説明しています。

5.レシーブの練習

卓球の試合に備えて、レシーブの練習をしましょう。

特に、試合では、対戦相手により、いろいろなサーブが来るために、レシーブの練習をしておくことが必要です。

相手のサーブの回転を見極めることが重要です。

サーブの回転の見極め方の記事で、説明していますが、同じチームの人たちのサーブの回転を見極めることができるようにしておきましょう。

サーブの回転を見極められたら、いろいろなレシーブをできるように練習しましょう。

6.フットワーク練習

卓球の試合では、フットワークは重要なので、フットワークの練習をしておきましょう。

フットワークについては、フットワークの基本と練習方法の記事で説明しています。

卓球の試合前の練習方法について説明しました。

これは数日前の練習です。

試合前日には、軽めの練習にしておきましょう。

試合前に無理な練習で、体を痛めたり、試合当日に疲れが残らないようにします。

また、試合前には、けがをしないように、ストレッチは十分に行いましょう。

ダブルスの試合がある場合は、ダブルスの練習もして、パートナーとのサインや、攻撃方法などの確認もしておくといいですね。

卓球の試合前の練習は、調子を整える程度にしておきましょう。




おすすめの記事