基本的なサーブの練習方法 | 趣味の卓球

卓球を始めて、初心者が卓球の試合に出場するようになった時、まず、必要になってくるのが、いろいろなサーブを出せるようになることです。

卓球の試合では、いろいろなサーブを出せないと、相手からどんな回転なのかをすぐに見破られてしまい、不利な展開になってしまいます。

サーブ権を持つということは、そのラリーにおいて、主導権を持つということです。

どんなサーブを出して、どんな攻撃につなげていくのかということを自分で決めることができるのです。

チャンスを活かすために、いろいろなサーブを出せるようにしましょう。

卓球では、サーブは16㎝以上トスする、手でボールを握らない、体などでボールを隠さないなどのルールがあります。

1.回転をかける

卓球のサーブの練習をする前に、ラケットとボールだけで、回転をかけてみましょう。

はじめは卓球台は、使いません。

ラケットを平らにし、ボールをトスしたら、ラケットを水平に振ってボールの下を擦ってみましょう。

上に上がっても構いません。

とにかく、切るという感覚を体験してください。

次に、ラケットを少し傾けて前方に下回転で飛ばします。

床に落ちたボールは、少し戻る感じになります。

そのほか、上に擦りあげる練習や、横の回転をかける練習などをやってみましょう。

2.下回転サーブ

下回転サーブは必ず打てるように練習しておく必要があります。

ナックルや、上回転がかかるサーブを効果的に使うためには、まずは下回転サーブが出せないとすべて打たれてしまいます。

ペンホルダーは手首の可動域が大きく、回転をかけやすくなっています。

シェークの人は、手首が良く動くような握り方に変えて、サーブを出しましょう。

ラケットは寝かせたほうが良く切れます。

相手から見てわかりやすいのですが、まずは切るということから覚えていきましょう。

手首は力を抜いて柔らかく動くようにしておきます。

肘を支点に、素早く振ります。

ボールはラバーの下から入り、斜め上に向かって擦れながら移動していくイメージです。

ラケットは軽く握り、ラケットの重みを利用して振るといいと思います。

3.ナックルサーブ

下回転サーブとあわせて練習しておきたいサーブです。




下回転サーブと同じラケットの角度から、ボールを当てる場所だけを変えます。

下回転はラバーの下からボールをあて、斜め上に抜けていくような動きでしたが、ナックルサーブは、ラバーの上あたりにボールを当てます。

ラバーの擦れる場所がほとんどないので、回転がかかりにくくなります。

下回転と合わせることで、攻撃のチャンスをつくります。

ナックルサーブの効果をあげるために、他のサーブの回転は、しっかりとかけることができるようにしておきましょう。

4.横回転サーブ

ラケットを垂直に近いくらいに持ち、横に回転をかけます。

右利きがフォアハンドで出せば右回転になり、相手からの返球はバック方向に返りやすくなります。

卓球経験者では、YGサーブのように、フォアハンドで逆の左回転を出せる人もいます。

左回転の簡単な出し方は、右利きならバックハンドでの横回転で出せます。

左回転を相手が返球するとフォア側に返りやすくなります。

出すコースを工夫して次の攻撃につなげていくようにします。

5.上回転サーブ

上回転サーブは、ラケットを下から上へ擦る動きをしますが、横回転と組み合わせる選手もいます。

上回転のかかったボールは相手からの返球は浮きやすくなります。

見抜かれると、打ち込まれることがあるのでコースに気を付けましょう。

6.ロングサーブ

下回転などの短いサーブに対し、長いサーブをロングサーブと言います。

ロングサーブにもいろいろあるのですが、ここでは上回転のかかった基本的なロングサーブの説明をします。

他のサーブに比べて長く、速いサーブです。

試合のテンポを変えたい時などに使うといいでしょう。

コツはボールを16cm以上トスしてから、低い打点でラケットをかぶせ気味に打ちます。

速いスピードで、コートぎりぎりくらいを狙います。

卓球の基本的なサーブを紹介してきましたが、サーブは回転、速さ、長さなどの組み合わせです。

ここで紹介したほかに、トスを高く上げる投げあげサーブや、ラケットを立ててしゃがみこみながらサーブをするしゃがみこみサーブ、巻き込みサーブなどがあります。

卓球の試合において、サーブは重要です。

いろいろなサーブを出せるようにしましょう。




おすすめの記事