両手持ちバックハンドでのアプローチショットの打ち方 | 趣味のテニス

ネット前へ行くために打つショットをアプローチショットと言います。

このショットはベースラインよりも中に入って打つショットなので、少しばかり難しいかもしれません、スムーズに前へと行けるととてもかっこいいですよね。

そこで今回は「両手持ちバックハンドでのアプローチショットの打ち方」についてご紹介したいと思います。

1.アプローチショットとは

基本的な打ち方などの前に、まずアプローチショットとはどういったショットなのかということをご紹介したいと思います。

アプローチショットとは、ボレーなどのネットプレーをするためにはベースラインからネット前へ行く必要があると思うのですが、その時にベースラインとネットの間位の位置で打つことが多いショットです。

なのでテニスにおいて、アプローチショットの目的はネット前へ行くこととなります。

2.フットワーク

両手持ちバックハンドアプローチショットのフットワークをご紹介していきたいと思います。

ボールが少し短いと判断したら、打つ構えをする前にまずネット方向に向かって前へと走ります。

前へと走って、ボールがバウンドする前位に止まり打つ準備に入ります。




この時にあまり前へと近づけないと、アプローチショット後のファーストボレーが大変になってしまうので、一歩でも前へ近づけるようにしましょう。

打つ準備に入ったら2ステップでボールに入っていきましょう。

1ステップ目で、ネット側にサイドステップを1回し、リズムを取りながら打つ準備をします。

2ステップ目で、ボールに近い方の足を前へ踏み込んでそれと同時にテニスラケットをスイングし、ボールを打っていきます。
1ステップ目で横向きになっているので、2ステップ目のボールを打つ時はそのまま横向きで打っていけると理想的です。

3.スイング

最後に両手持ちバックハンドアプローチショットのスイングをご紹介していきます。

スイングはテニスラケットを、通常のストロークよりもコンパクトにスイングしていけるよう意識していきましょう。

アプローチショットの目的は強い球を打つことではなく、ネット前へ行くことなので、リターンの時と同じくらいのコンパクトなスイングで良いと思います。

大きく前へスイングしてしまうと、自分のポジションが元よりも前へいるのでアウトしてしまうことがあるからです。

ミスをしないように、コンパクトなスイングでしっかりとネット前へとポジション移動していけるよう意識して、両手持ちバックハンドアプローチショットを打っていきましょう。




おすすめの記事