スピンサーブの打ち方 | 趣味のテニス

安定した質の高いサーブが欲しいという方にお勧めなのがスピンサーブです。

しかし、スピンサーブは習得が中々難しく、間違った打ち方をしていると腰を痛めやすいサーブとも言われています。

そこで今回は、無理なくしっかりと打てる「スピンサーブの打ち方」を紹介していきます。

1.そもそもスピンサーブとは

打ち方などを紹介する前に、スピンサーブとはそもそもどういうサーブなのかを紹介したいと思います。

テニスにおいてスピンサーブとは、ボールに縦回転をかけて打つ山なりのサーブです。

プロの選手をはじめ一般のプレイヤーもセカンドサーブ、又はファーストサーブとしても使う事の多いサーブとなります。

スピンサーブはボールに順回転をかけて打つサーブなので、山なりの弾道から安定しやすいという特徴を持ちます。

それだけでなく、バウンドした後に大きく跳ねるので相手のポジションを後ろに下げる事もできることと、回転をかけるためテニスラケットを振り切って打つので、セカンドサーブをはじめ強気で打つことができるという特徴を持つサーブであります。

2.スピンサーブのスイングの仕方

それではスピンサーブのスイングの仕方を紹介していきたいと思います。

スピンサーブのスイングにおいて、意識する点が2つあります。

1つ目がスイングの方向です。




打球方向と反対側にスイングしていけると理想的です。

基本的なスピンサーブは、ボールに対して下から上にスイングしていきます。

この時に、打球方向側にスイングしてしまうとスライス回転がかかることが多く、ボールにあまり威力が伝わらないサーブとなってしまうことが多いです。

なのでしっかり、ボールのインパクト後はボールと逆方向にスイングしていけるよう意識しましょう。

ボールの外側、上側を打つのが理想的で、スイングの方向としてはボールの内下→外上というスイングになります。

スイングについてもう一点、スピンサーブを打つ時回転をかけようと意識し過ぎてしまってあまり前にスイングせず回転ばかりかかってしまう選手が少なくないです。

そうならない為にも、前の方向へのスイングも入れて、ボールに力を伝えていけるようにしましょう。

2つ目がプロネーションです。

テニスにおいてプロネーションとは回内動作であり、このプロネーションを上手く使う事によってスイングスピードのアップに繋がります。

スピンサーブで多い悩みが、回転はかかるようになったけれど中々威力が出ないという悩みです。

プロネーションの動きによってボールをしっかり押すことができるので、しっかり回転のかかった威力のあるサーブを打つことができるようになると思います。




おすすめの記事