フォアハンドリターンの基本 | 趣味のテニス

ストロークは打てるようになったけれど、ゲーム練習をすると中々リターンが上手く返らない。

そんな事がありませんか?

ストロークとリターンでは気をつける事が少し変わってきます。

そこで今回は「フォアハンドリターンの基本」についてご紹介したいと思います。

1. 基本的なリターンの構え方

まずは基本的なフォアハンドリターンの構え方についてご紹介します。

テニスにおいてリターンとは相手が打つサーブに対して、それを返していくショットになるのですが、ストロークと同じ感覚で打ってしまうとミスが増えてしまうものです。

そこで構え方なのですが、フォア側バック側どちらに来てもいいように構えましょう。

スタンスは肩幅位にとって、膝をしっかり曲げて構えます。

この時、重心が後ろ向きにならず、前向きにするのがポイントです。
後ろ向きになってしまうと、打つ時に前に力を伝えるのが難しくなってしまうからです。

相手がサーブを打つ瞬間にスプリットステップをするのがポイントです。

スプリットステップとは、両足で軽くジャンプをし、自分の重心をリセットするジャンプです。




このスプリットステップは基本的なフォアハンドリターンにおいてとても重要となってきます。

2. 打つ時に注意する点

次はリターンを打つ時に注意するべき点を紹介したいと思います。

基本的なストロークと大きく異なる点はスイングの大きさです。

基本的なストロークが大きく前へスイングするのに対して、リターンはコンパクトに面を合わせるようスイングしていきます。

サーブは一般的にストロークよりもスピードが速いので、大きくスイングしてしまうと振りおくれてミスが増えたり、リターンが安定しなくなってしまいます。

なのでコンパクトに小さくスイングすることを心がけてフォアハンドリターンしてみましょう。

加えて注意したいのが、しっかりと重心を前に移動させるという点です。

リターンでありがちなのが、サーブのコースに合わせて横には移動するけれど、横に移動して、踏み込まずに打つということです。

リターンを打つ際に重心が後ろに残ったままだと、サーブの勢いに負けてしまったり、テニスボールが打ちたい方向に飛ばないというミスが増えてしまいます。

リターンの際に、コンパクトなスイングで前にテニスボールを押し出すイメージで打っていけるようにしましょう。




おすすめの記事