ライジングショットの打ち方 | 趣味のテニス

ライジングショットというショットをご存知でしょうか。

ライジングを打つことができればカッコいいし、攻撃にも守りにも有利になります。

今回は「ライジングショットの打ち方」についてご紹介したいと思います。

1.ライジングショットとは

まず初めにライジングショットというショットについてご説明したいと思います。

テニスにおいてライジングショットとは、ボールがバウンドして一番高いところに達する前にボールを打つショットです。

つまり通常のストロークよりも打つテンポが早くなります。

ライジングショットのメリットは、このテンポが早いために相手の準備する時間だったり、コートの中央に戻る時間を奪うことができるという点です。

攻撃面だけでなく守りの面でもメリットがあり、本来ならしっかりと下がらなければ処理するのが難しい深いボールなども、このライジングショットを使えば下がらずに処理することができます。

勿論良い点ばかりではなく、デメリットもあり、ボールのバウンドが頂点に達する前に打つことになるので、自分の打点を予想しづらく少し難易度が高いショットであるという点が挙げられます。

2.ライジングショットを上手く打つポイント

それではこの難易度が高いライジングショットを上手く打つためのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。




ライジングショットで一番重要になってくる点は自分のリズムをしっかり作るということです。

通常のストロークであれば、バウンド後もボールをしっかりと見て打つ時間があるのでボールに合わせてストロークを打っていけるのですが、ライジングショットの場合はボールを見る時間があまりありません。

そのためボールに対してリズムを作る事が難しいのです。
なのでボールにリズムを合わせるのでなく、自分のリズムを作って打っていけるようにしましょう。

ライジングショットでリズムを作る時は、打つ前から自分はこのリズムで打とうと決めて打つと良いと思います。

通常のストロークですら相手が打ってから考える時間が無いのに、ライジングショットとなるとより時間が無くなってしまうので、どういうリズムで打とうかと考えている時間が無いからです。

リズムだけでなく、自分の打ちやすい打点をしっかり分かった上でボールに入ることも重要となってきます。

自分の打点が分からないと、リズムはよくてもボールのどこに入ってよいかが曖昧になってしまうからです。

ライジングショットは少し難しいショットですが、とても使えるので、テニス初級者からテニス中級者へとよいステップの印になるかと思うので、是非チャレンジしてみて下さい。




おすすめの記事