サーブに強い回転をかけるコツ | 趣味のテニス

スピンサーブやスライスサーブにおいて、コースやスピードも勿論大事ですが、回転量というのが1番意識される点ではないでしょうか。

そこで今回は「サーブに強い回転をかけるコツ」を紹介していきたいと思います。

1. プロネーション

テニスで沢山使われるこのプロネーションという言葉ですが、初めて聞く方もいるかと思うので説明致します。

プロネーションとは和訳すると回内動作という意味で、肘と手首の動きを用いて手のひらを内側から外側へ動かす動作の事を言います。

このプロネーションがサーブで強い回転をかける上でとても重要になってきます。

インパクトする直前にこのプロネーション動作を行うことによって、スイングスピードが速くなるためです。

強い回転の為に、早いスイングというものは重要になってくるのでこのプロネーション動作が必要になってくるわけです。

2. スイングの向き

サーブにおいて強い回転をかける上でもう1つ注意しておきたいことがあります。

それはスイングの向きです。

これはスライスサーブもスピンサーブも共通しているのですが、実はスイングの向きを気をつけるだけでスイングを大きく上げることができます。




先ほどもご紹介しましたが、テニスでは早いスイングというのが多くの回転を生む要因となるので、スイングの向きも意識する点だと挙げられます。

特にスライスサーブで多いのですが、打球後のスイングの向きが打球方向と同じ方向に振ってしまっていることが多く見られます。

ですが、打球方向にスイングしてしまうと自分の体とぶつかりそうになるので上手くスイングできませんよね。

そのため振り抜くのが難しくなり、打球後に減速してしまうのです。

なので今回紹介したいのは、打球方向と反対方向へ振るというスイングです。

具体的に反対と言っても、後ろに振るわけではありません。

例えば右利きのプレイヤーなら、デュースコートからのサーブですと斜め左に向かって打つことになるはずです。
その時に斜め右側に振っていくというスイングになります。

そうすることでラケットが振り抜きやすくなり、スイングスピードが上がり、よりボールに回転をかけることが可能になります。

強い回転をかけるためにはテニスボールに強い摩擦を与えなければなりません。

そのために速いスイングスピードが必要となるので、スイングの向きには気を付けなければなりません。




おすすめの記事