スライスの基本 | 趣味のテニス

ストロークといったらトップスピンを思い浮かべる人が多いと思います。

しかしストロークにはスライスという回転の種類のストロークもあるのです。

そこで今回は「スライスの基本」についてご紹介します。

1.スライスとは

テニスボールに順回転をかけて打つショットがトップスピンなのに対して、スライスショットとはテニスボールに逆回転をかけて打つショットのことを言います。

スライスのメリットとしては、逆回転がかかっているため、ボールの滞空時間が長いことです。

滞空時間が長いため、コートの端に追い出されたり、余裕が無くて少し時間が欲しい時にとても有効なショットです。

それに加えて、トップスピンに比べて力を使わずにボールを飛ばす事が出来ることが挙げられます。

女性のプレイヤーには是非オススメのショットです。

2.スイング

ではスライスのスイングの仕方をご紹介したいと思います。

基本的なトップスピンの打ち方では下から上にスイングすると認識していると思いますが、スライスではその概念は一度捨てて下さい。

スライスはボールに逆回転をかけるため、スイングのイメージとしては上から下となります。




その時のポイントとしては、上から下にたたきつけるように打つのではなく、テニスボールを切るように上から下に打つことがポイントです。

テイクバックは基本的なボレーと同じような構え方になります。
スイングしていくので、ボレーよりも少し大きく構えられるとよいでしょう。

スイングは通常のストロークに比べ少しゆっくりスイングしていきましょう。

上から下に切るようにスイングすると先ほど述べましたが、実際に速いスイングスピードでスイングしてしまうと、ボールに回転がかかってしまい、安定させるのが難しいので、ゆっくり丁寧にスイングしていくのがポイントです。

スイングの際は、テニスラケットの面から入ってしまうとネットにかかりやすいので、ラケットのエッジ(テニスラケットの横の部分)から入っていくイメージでスイングしていきましょう。

ラケットのエッジから入っていき、打球時に面をボールの方へ向けていくようにスイングができれば、綺麗な安定したスライスを打つことができます。

スイングスピードを速くしてしまうと、この面を向けるタイミングが難しいので、余計安定させるのが難しくなるので注意です。




おすすめの記事