スマッシュの基本 | 趣味のテニス

スマッシュはネットプレーをするプレイヤーならば絶対におさえておきたいショットです。

ネットにあまり行かないプレイヤーもスマッシュはとても気持ちのいいショットなので、是非積極的に打っていきたいですね。

そこで今回は「スマッシュの基本」をご紹介したいと思います。

1.フットワーク

スマッシュの基本的なフットワークを紹介したいと思います。

スマッシュは短いボールに対して前に踏み込みながら打つ時と、深い球に対して下がりながら打つ時があるのですが、この2つでフットワークが異なります。

まず、前に踏み込みながら打つスマッシュのフットワークですが、この場合はまずボールが来たら横向きを作りましょう。

横向きを作ったら次にラケットを方に担ぐ形でテイクバックをします。
このテイクバックはサーブと同じようなテイクバックになるかと思います。

サーブ同様、テニスラケットを持っていない方の手はしっかり腕を伸ばして、体のバランスを取りましょう。

テイクバックをしながら、前へ移動しボールまで向かいます。

ボールを打つ時のフットワークですが、軸足と反対の足で踏み込んで打っていけるとよいでしょう。




次に後ろに下がりながらのフットワークですが、こちらも同じくボールが来たらまずテニスラケットを担ぐようにテイクバックします。

同様に、テニスラケットを持っていない方の手はしっかり腕を伸ばして、体のバランスを取りましょう。

ボールを打つ時のフットワークですが、ボールを打つ前にまず十分に下がります。
ボールとの距離をとりながら慎重に下がっていきましょう。

ボールがきたら、前にいくフットワークと同じく軸足と反対の足で踏み込んで打っていきましょう。

スマッシュはサーブと似たところがあるので、サーブのように力を抜いて打っていきましょう。

2.スイング

スマッシュのスイングは基本的にサーブと似ています。

ですがサーブと違って難しいのは、来るボールの距離が長い分ボールが速くなります。

それなので自分の打ちやすい打点で打つのがサーブに比べて難しくなってきます。

なので、スイングのポイントとしてはまず打ちやすい打点をしっかり定めてそこにむかって振っていくことが大事になります。

ボールの下を打ってしまうとアウトになることが多いので、しっかりとボールの斜め上を打っていけるようにしていきましょう。
ただ、あんまり上を打ちすぎるとたたきつけるスマッシュになってしまうので注意です。




おすすめの記事