テニスのプレースタイルとそれぞれの特徴

テニスには様々なプレースタイルがあります。

人によって合うプレースタイルが違うので、自分はどうプレーをすればいいのかと悩む人も少なくはないと思います。

そこで今回は「テニスのプレースタイルとそれぞれの特徴」についてご紹介いたします。

1.ネットプレイヤー

まずはネットプレイヤーについてご紹介していきたいと思います。

ネットプレイヤーとは、名前の通り、ベースラインよりもネット前でプレーをするプレースタイルを指します。

その特徴として、ラリーが少なく、ネットへ行くタイミングが早いことが挙げられます。

特にサービスゲームの時は積極的にサーブ&ボレーをして自らの主導権をとっていきます。

とても攻撃的なプレースタイルである一方、相手のサービスゲームなど中々ネットへ行く機会が無い時に少し苦しめられるプレースタイルです。

2.ストローカー

次にストローカーについてご紹介していきたいと思います。

ストローカーとは、名前の通りストロークを中心に展開していくプレースタイルです。

攻撃的なストローカーと守備的なストローカーに別れますが、どちらもネットプレイヤーよりラリーが長くなる傾向があります。

特にボレーが苦手な選手がこのプレースタイルになることが多く、ラリーを制することでポイントを獲得していきます。




長いラリーをする分体力が必要になってきますが、サービスダッシュのようにサーブなどの調子に左右されることのないプレースタイルなので、安定してテニスをしていけるプレースタイルだといえます。

現在、プロテニス選手でもこのストローカーが多く、一昔前の主流であったネットプレイヤーは今はストローカーに対して相性が悪くなりつつあります。

3.オールラウンダー

最後にオールラウンダーというプレースタイルについてご紹介します。

このプレースタイルは、先ほど紹介したネットプレイヤーとストローカーの2つを組み合わせたプレースタイルになります。

このオールラウンダーが、現在最も理想的なプレースタイルであると言われています。

相手の得意不得意によって、プレースタイルを変えてみたり、自分のストロークの調子があまり良くないのでネットプレイヤーになったりと、変幻自在なプレースタイルであります。

特にデメリットはないように思えますが、もし挙げるとしたらオールラウンダーは得意なショットができにくい傾向にあります。

どういうプレースタイルかはっきり決まっていない方は、とりあえずオールラウンダーを目指すのが無難であると思います。




おすすめの記事