ウエスタングリップとは? | 趣味のテニス

テニスのグリップには色々な握り方があるのはご存知ですか。

そしてそれぞれに特徴があるのです。

そこで今回は「ウエスタングリップとは?」についてご紹介したいと思います。

1.ウエスタングリップの握り方

先ほど冒頭の文で、テニスにおいてグリップの握り方は様々なものがあると紹介致しました。

今回ご紹介するのは、厚めの握りのウエスタングリップという持ち方です。

厚いというのは、テニス用語でテニスラケットを持った時ラケットの面が下に向く持ち方です。(コンチネンタルグリップのような薄い握りはテニスラケットを持った時ラケットの面が横に向く持ち方です。)

ウエスタングリップの握り方は一般的に、地面と面が垂直になるようにテニスラケットを置いて、そこからそのテニスラケット拾うようにして握ったグリップとなります。

2.ウエスタングリップのメリットとデメリット

では実際にウエスタングリップのメリットとデメリットはどのような点でしょうか。

まず初めにメリットの方からお話ししたいと思います。

ウエスタングリップのメリットとしてはトップスピンがかけやすいことが挙げられます。




ブリップが厚いため下から上のスイングの動きを出しやすく、ボールに力が伝わっている強力なトップスピンを打つことが薄い握りのグリップに比べて打ちやすいです。

それに加えて、高い打点でのショットが打ちやすい点も挙げられます。

反対にデメリットとしては、フラット気味のボールが打ちづらいことが挙げられます。

グリップが厚く、下から上にスイングにしなければいけない分、ラケットを真っすぐ振っていくフラット気味のショットをあまり得意としないのです。

なので、ウエスタングリップでフラット気味のショットを打つならば、打点を高くして打つのが好ましいでしょう。

もう一つのデメリットとしては、低い打点でのショットが打ちづらい点です。

ウエスタングリップで、低い打点のボールを打とうとすると面が下向きになってしまうことが多いからです。

その為に、下から上にスイングして、しっかりとボールを持ち上げて打っていきましょう。

ウエスタングリップのメリット、デメリットをご紹介しましたが、現代のプレースタイルとしては、ベースラインでのストロークの打ち合いが主流となっているので、多くのテニスプレイヤーがこのウエスタングリップでプレーしています。




おすすめの記事