両手持ちバックハンドのフットワーク | 趣味のテニス

両手持ちバックハンドストロークの基本の記事では、安定したバックハンドを打つ為のいくつかのポイントを紹介しました。

実はもう一つ、大事なポイントがあります。

それはフットワークです。

そこで今回は「両手持ちバックハンドのフットワーク」をこの記事で詳しく紹介したいと思います。

1.ボールへの入り方

まずは基本的なボールへの入り方を紹介していきます。

フォアハンド同様、ボールを前に向かって打つため、バックハンドの重心は後ろから前へと移動するのが理想的な動きです。

前から後ろへの重心移動だと、ボールに対して力を伝えることが難しくなってしまうからです。

重心を後ろから前に移動させるために、まず軸足(右利きなら右足、左利きなら左足)をしっかりどこに置くかを決めましょう。

基本的には軸足でタメを作ることになるので、この軸足を置く位置というのはかなり大事なポイントとなってきます。

軸足の次は、もう片方の足を軸足と平行になる位の位置に置きます。

両足の位置を決めることができたら、ボールとのタイミングをとって、スイングしていきましょう。

後ろから前、つまり軸足側からの重心移動をしっかりできるようになると、より力強い球が打てると思います。

軸足、逆の足というようにタイミング良くボールに入っていきましょう。

フォアハンドとあまりフットワークは変わらないのですが、両手でラケットを持っているので、打点が片手フォアよりも少し体に近くなります。

それなので一歩ボールに近づく必要があり、フォアハンドよりもより正確に打点へ近づかなければならないために、より正確なフットワークが求められる時があります。

本文は、1文ごとに改行し、空白行を1行追加した後に、次の文を始めてください。

ただし、見出し・小見出しの次の行のみ、空白行は必要ございません。

次の見出しに移る場合は、空白行を1行追加してから始めてください。

2. 両手持ちバックハンドの打ち終わりのフットワーク

先ほど、ボールへの入り方のフットワークを紹介しました。




次はボールを打った後のフットワークです。

打った後、そのままボールを見ていると、次のボールが来てしまいますね。
なので、打った後は素早く戻らなければなりません。
特にバックハンドが苦手という方は、ついつい自分の打ったボールを入るかどうか見てしまいます。

自分のボールって打った後、まずしなければならないことは、相手の次のたまに備える為に、自分が元々いた場所(大体コート中央)に戻る事ですよね。

先ほどの打ち方通り、重心が後ろから前に移動しながらボールを打つことができれば、その後のフットワークもスームズにすることができます。

重心が前に動いた勢いで、そのまま軸足を逆足と横向きに平行になる位置まで持ってきてみて下さい。

イメージとしては、打つ前はコートの横を向いている状態、打ち終わりはネット側を向いている状態です。

打ち終わりのネット側を向くことができると、そのままサイドステップやクロスステップで戻れますよね。

テニスのラリーはハイペースなので、打ち終わった瞬間に、戻る準備が必要です。

特に上級者のフットワークを見てみると、動きに無駄がなく、とてもスムーズに動いています。

テニスは運動量の多いスポーツなので、特に無駄な動きは避けたいですね。

3.基本的なスタンス

基本的なスタンスについてご紹介していきたいと思います。

スタンスの種類としては、

クローズスタンス
オープンスタンス
スクエアスタンス

の3種類が基本のスタンスとなります。

フォアハンドと同じスタンスでバックハンドも打つことができるでしょう。

しかし、両手バックハンドの場合はスクエアスタンスが増えると思います。

なぜなら、オープンスタンスで両手バックハンドを打とうとすると体の回転を上手く使わなければボールに力を伝える事ができないからです。

基本的な打ち方としてはまず、力が伝わりやすいスクエアスタンスが良いでしょう。




おすすめの記事