フォアハンドでの強いトップスピンのかけ方 | 趣味のテニス

テニスの試合を見ていて、ナダルのような強いトップスピンをかけたフォアハンドを打てるようになりたい、そう思う事ってあったりしませんか。

トップスピンを上手くかけることができれば、思い切ってスイングすることができますよね。

そこで今回は「フォアハンドでの強いトップスピンのかけ方」を紹介していきたいと思います。

1.スイングの仕方

まずはスイングの仕方から紹介していきたいと思います。

フォアハンドストロークの基本の記事では、ラケットを下から上に向かってスイングしていき、ボールに順回転をかけるように打っていこうとお話ししました。

強いトップスピンでは、基本のストロークとスイングはどのように変わってくるのでしょうか。

トップスピンというのは、ラケットを下から上に動かす動作により、ボールに摩擦が生じることによってスピンが生まれます。

つまり強いトップスピン=強い摩擦なのです。

それなのでスイングとしては、基本的なスイングよりも下から上の動作が大きくなり、その文後ろから前の動作が少し小さくなります。
イメージとしては、基本的なスイングが後ろから前だとすると、強いトップスピンは下から斜め前 というイメージでしょうか。

よくありがちなのが、スイングを下から上にと意識しすぎていまい、ボールを擦ったように打つ人がいます。

これだとトップスピンはたしかに沢山かかっているのですが、ボールに威力が無い為、逆に相手へのチャンスボールになってしまいます。




強いトップスピンをかけるのと同時にしっかりとボールを前へ押し出していく動作を、スイングの中に入れることがポイントですね。

スイングスピードの速さが求められるので、テニス選手なのにナダルが何故あんなに筋肉質なのかが少し納得できますね。

2.ボールの軌道

では強いトップスピンとは、一体どのような弾道が理想的なのでしょうか。

テニス用語でエッグボールという言葉があります。
エッグボールとはスピンショットの名前で、強いトップスピンにより弾道が卵のようになっているからです。

正しくは、卵を半分に割った時のふちの形に似ています。

相手にとってこのエッグボールは嫌なボールになることは間違いありません。

自分が打ってからネットを超えていくまでは弾道はフラット気味なのですが、ベースライン付近になると一気に下に落ちて、ベースライン手前でバウンドして高く跳ねるというボールです。

これだけを聞くと最強のボールに感じますね。

けれど、いくつかのデメリットもあります。

スイングスピードが速いので、体力を普通のショットよりも多く使う。
浅く入ってしまうと、弾んで相手へのチャンスボールになってしまう。

けれど体力のある方や、フォアハンドでガンガン攻めていきたいという方には是非オススメしたいショットです。

けれど体力を使うショットなので、ケガには十分気を付けて下さいね。




おすすめの記事