片手持ちバックハンドでの強いトップスピンのかけ方 | 趣味のテニス

片手持ちバックハンドの利点の一つとして、両手持ちバックハンドよりもトップスピンをかけやすいという点が挙げられます。

そこで今回の「片手持ちバックハンドでの強いトップスピンのかけ方」では、片手持ちバックハンドの強いトップスピンをかけるコツを紹介したいと思います。

1.グリップの握り方

トップスピンのコツについてお話しする前に、一つ述べたいことがあります。

それはグリップの握りによってトップスピンをかけやすいかどうかが決まってしまうということです。

片手持ちバックハンドストロークの基本の記事でもご紹介したのですが、片手持ちバックハンドは厚い握りではトップスピンがかけやすいのですが、薄い握りですとトップスピンをかけるのが非常に難しくなってしまいます。

薄いグリップの方は手首の柔軟性が、トップスピンをかける上で非常に重要になってきますので、無理して手首を怪我しないよう注意して下さい。
無理してしまうと、バックハンドだけでなくテニス全体に関係してしまうので。

なので、片手持ちバックハンドで強いトップスピンをかけたい方は、厚い握りをお勧めします。

2.回転をかける為のコツ

それでは実際に回転をかける為に意識する2つのポイントをご紹介します。

片手持ちバックハンドでの強力なトップスピンをかけるのに、これだけはおさえておきたいという2点です。

1.膝の曲げ伸ばし

強いトップスピンをかけるためにラケットだけでなく体の動きも使って、ボールに回転をかけていけると良いでしょう。




その為に膝を上手く使えるようになりましょう。

テイクバックでの軸足を作る際、いつもより深く膝を曲げます。
そうすることで重心がより低くなるからです。

そして、スイングに合わせて一気に伸び上がります。
それによって下から上のラケットの動きが出て、より強力なスピンがかかりやすくなります。

2.プロネーション

様々なスポーツでプロネーションという言葉をよく耳にしますが、テニスにおいてもこの「プロネーション」という言葉も用います。

プロネーションとは、回内と和訳することができ、片手持ちバックハンドの場合は手首を外側にひねる動作になります。

よくテレビで卓球を見る方は特にイメージが付きやすいと思うのですが、卓球のバックハンドドライブを打つようなイメージです。(スタンスは違いますが)
テニスと卓球は似た点が多いですね。

このプロネーションが、片手持ちバックハンドで強いトップスピンをかけるのに一番重要になってきます。

プロネーションによって、スイングスピードがさらに上がり、より強力なトップスピンがかかりやすくなります。

イメージとしては手首をこねるようなイメージで、ラケットエッジからぶつけていくイメージとなるでしょう。

このプロネーションと膝の曲げ伸ばしの2つが打球時に行われることにより、強力なトップスピンをかけることができるのです。




おすすめの記事