ママさんバレーで気になる人間関係について

ママさんバレーをするにあたって、よくあるトラブルの一つに人間関係があげられます。

バレーボールはチームプレーですから、人間関係で揉めることもあるようです。

1.ママさんバレーチームでのよくあるトラブル

ママさんバレーボールチームにおいてよくあるトラブル、人間関係ですが、ママさんであることとバレーボールをしたいということで集まった女性たちになりますから、どうしても性格的に合う合わないは出てきてしまうことでしょう。

そして衝突してしまってもめてしまうこともよくあるようです。

もちろん揉めた後にいい方向に進むことができればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかないというケースもあります。

人間関係のトラブルでもめ事に発展してしまった場合、ママさんバレーのチームをやめるというケースも出てきてしまうのです。

もちろんママさんバレーのチームにおいて人間関係がよくないと、どうしてもチームとして強くなることはできません。

プレー上のミスにもつながってしまいます。

ですからやはり人間関係を良好にすることに越したことはないんですね。

ですがどうしても人間ですから衝突してしまうこともあるでしょう。

では、どういった人間関係のトラブルがあるのでしょうか。




その内容としては、悪口を言われている、あたりがきつい、バレーボールと関係ないところで揉めた、子供関係のことで揉めた、スタートメンバーやベンチ入りのメンバーでもめた、といったことがあげられます。

2.ママさんバレーのトラブルをなくすには

ママさんバレーのトラブルはできるだけないようにしておきたいものです。

仲良くわいわいとやりたいものですし、仲良い方がバレーボールのプレーとしてもうまくいきます。

ですがチームプレーですから意見の衝突もあるでしょうし、なかなかそうはいきませんよね。

そこで少しでもトラブルを減らしたり解決するために、チーム内のコミュニケーションをしっかりとることが大切になります。

またチームのリーダー、代表、部長をしっかり決めておいて、リーダーが主となってミーティングなどを行うようにしましょう。

ミーティングではチームのメンバーで意見を出し合い、思っていることを話し合います。

することでチーム内でのコミュニケーションをとることができますし、リーダーが進行していくことで意見も出しやすくなります。

一部のメンバーで練習内容や試合に出ることなどを決めるのではなく、ミーティングをしてみんなで話し合って決めることで、後々トラブルが起こることを防ぐことができます。




おすすめの記事