アタッカーの役割と向いている人|趣味のバレーボール

バレーボールを行うにおいて、アタッカーといえば華のあるプレーをされるプレーヤーというイメージがあると思います。

そんなバレーボールにおけるアタッカーの実際の役割、また人による向き不向きを紹介していきます。

1.アタッカーの役割とは

アタッカーの役割といえばスパイク、アタックを打つというイメージがあると思います。

その通りであり、アタックを相手チームのコートめがけて打つことによって、得点をとりにくというプレーヤーになります。

バレーボールは得点の取り合いになりますから、得点を取りに行くプレーをするプレーヤーであるアタッカーはチームの中において花形であるともいえるでしょう。

アタックやスパイクを打つと先ほど記載しましたが、このアタックとスパイクの違いについては、基本的にはほとんど意味が同じです。

ですがアタックは相手チームに対して行う攻撃すべてを指し、スパイクは相手チームのコートにたたきつけるような強打の攻撃のことを指しています。

アタッカーの役割としてはアタックやスパイクを決めるというのももちろんですが、アタックやスパイクによって点をとるということが大きな役割となります。

皆、チームメイトがつないでくれたボールを最後に決めるという重要で責任感のあるポジションになります。




2.アタッカーに必要な資質

アタッカーとして活躍する、プレーする際においてバレーボールでアタッカーに求められる資質としては、やはりジャンプ力があげられます。

高くジャンプをしてアタックやスパイクを決める必要があります。

高さのあるところから打った方がアタックもきまりやすいんです。

なので背の高さがありリーチが大きい方や、高くジャンプをすることができる方がアタッカーに向いています。

生まれ持った資質といえるでしょう。

また肩の強さも必要です。

勢いのあるスパイクを打つには力強さも必要とします。

肩の強さがないと力や勢いのあるスパイクは打つことができません。

ですので肩が強いということも必要です。

また動体視力の良さも必要です。

相手コートの状況を読んで開いているところに向かってアタックを打つ必要があるからです。

バレーボールのプレー中では相手チームがブロックに飛んできますが、そのブロックもうまくかわさなければいけません。

3.アタッカーに向いているのはどんな人?

ではそんなアタッカーに向いている人とはいったいどういった人なのでしょうか。

やはり、背が高くジャンプ力や肩が強くて、パワフルで、動体視力の良さを持った人となります。

アタッカーのプレーで流れが変わりますので重要です。




おすすめの記事