ブロッカーの役割と向いている人|趣味のバレーボール

バレーボールにおいてブロッカーは実はとても重要な役割を果たしていることとなります。

またブロッカーというポジションに向いている方というのもいます。

そんなブロッカーについて説明していきたいと思います。

1.ブロッカーとしての役割とは

バレーボールにおけるブロッカーというポジションの方が持っている役割とはどういったものなのでしょうか。

ブロッカーは相手チームから受けるアタックの攻撃から点をとられないようにするためにブロックする防御を行う役割を担っています。

一番最初の防御ということになります。

防壁ということで両手を上にあげながらジャンプをすることによって壁を作り相手が打ったアタックを叩き落すのです。

逃げ腰になってしまうことなく、しっかりとアタックが打たれたボールを叩き落しに行くことが大切です。

ブロッカーがいることで相手チームのアタッカーも打ちにくくなります。

ですのでしっかりジャンプして点が入るのを防ぎましょう。

2.ブロッカーに必要とされる資質

バレーボールにおけるブロッカーというポジションについて、必要とされる資質とはいったいどういったことがあるのでしょうか。

必要な資質としましては、やはりまず背の高さやジャンプ力ですね。

それから腕の長さも重要です。




ジャンプして腕を上に伸ばすことでブロックするのですから、壁は高い方がいいです。

できるだけ壁が高くなるように背の高い人、ジャンプ力があり高く跳べる人、腕の長さが長いのでリーチの長さを出せるということが資質として求められます。

また相手チームから打たれるスパイクって結構怖いものなんですよね。

力強く放たれるスパイクですし、勢いもあります。

回転もかかっています。

腕に当たると痛みもあります。

だけど、それでも立ち向かっていける強さ、心の強さも必要です。

またすぐにブロッカーとして跳ぶことができるような瞬発力も必要とされます。

3.ブロッカーに向いている人とは

ではどういった人がブロッカーに向いているのでしょうか。

ブロッカーにも向き不向きがあるのですが、やはり向いている人は高くブロックすることができる人ですよね。

背が高くて高くジャンプできて、腕の長い人ですね。

リーチを出すことができる方はブロッカーにとても向いているといえるでしょう。

またスパイクの勢いに負けないような腕の強い人、強さがある人、精神的にも負けない精神的に強い人も向いているといえます。

それから相手チームの攻撃、アタックは色々な方法があることかと思います。

いろんな形でしかけてくるアタックに対してすぐに対応することができる俊敏さを持っている方も向いているでしょう。




おすすめの記事