バレーボールで大切な瞬発力や反射神経の鍛え方

バレーボールをプレーするにあたって、すぐにボールに反応することができるように瞬発力や反射神経が必要となります。

元から持っている資質も必要ですが、努力次第で鍛えることができるのです。

1.バレーボールをプレーするなら必要な能力

すぐにボールに反応することができるように、そして短い時間ですぐに反応して正しい判断を下すことができるようにするために、バレーボールのプレー時には反射神経や瞬発力が必要になります。

どのポジションでプレーしていても必要とされる能力になります。

相手チームから飛んできたボールに対して、すぐに反応してボールを落とさないように飛びつく必要があります。

リベロのポジションであればすぐにボールを拾わなければいけません。

スパイクなどで打たれたボールにすぐに飛びついて拾う必要があります。

そしてまた拾ったボールはレシーブでしっかりセッターに返すことで攻撃につなげることができます。

またセッターも瞬時に状況を判断して、どこにトスをあげるのか判断しなければいけません。

トスの方法もアタッカーや周りのチームメイトの状況を読んで決めなければいけません。

アタッカーもセッターがあげたトスにすぐに反応する必要があります。




そしてまた相手チームのコートめがけてスパイクやアタックを打つ時に、どのコースに打つのかということをすぐに判断しなければいけないのです。

2.瞬発力や反射神経の鍛え方

バレーボールのプレー時に必要となる瞬発力や反射神経についてですが、どうやったら鍛えることができるのでしょうか。

それは日々の練習で鍛えることができます。

速く動くこと、すぐに動くことを意識して練習を行うことが大切です。

また瞬発力を鍛えるには下半身をしっかり鍛える必要もあります。

瞬時に動けるように下半身の瞬発力を鍛えるべきなんです。

すぐにジャンプできるように、そしてダッシュの際にスタートダッシュを速くすることを意識して練習を行いましょう。

また身体だけを鍛えるトレーニングではなく脳も鍛える必要があります。

表示された状況に応じてすぐに瞬時に動くというようなトレーニングを行う必要があります。

また視野を広げる必要性もあります。

単にボールだけを見ているのではなく、視野を広げて瞬時に他のエリア、相手チームのコートや自分のチームのコート、チームメイトの状況など瞬時に見て判断することができるような能力、トレーニングを必要とします。

身体を鍛えることと脳を鍛えることの両方を同時に行えるようなトレーニングを行ってください。




おすすめの記事