ジャンプトスの打ち方とコツ |  趣味のバレーボール

高い位置でボールをとらえてトスを上げるトスの方法をバレーボールではジャンプトスと呼んでいます。

ジャンプトスはジャンプをしてトスを行う方法ですね。

セッターは様々なケースに対応できるようなトスを習得する必要があります。

1.ジャンプトスのやり方

バレーボールのプレー中、ジャンプトスをすることで通常のオープントスなどよりも高い位置でトスを上げることができます。

そうすることでトスをしてからアタッカーがスパイクやアタックで攻撃するまでの時間を短縮することができます。

イコール即効の攻撃を仕掛けることができるということなのです。

スピードのある攻撃が可能なので、よって点を取れる可能性も高まります。

また相手チームのブロッカーがジャンプしてくるタイミングも狂わせることもできますね。

ジャンプトスのやり方としては、まずレシーブで上がったボールが落下してくる地点をしっかりと確認します。

そしてひざをしっかり曲げてからジャンプをします。

ジャンプしてレシーブで上がったボールに飛びつきボールをしっかりととらえます。

そして一番高い到達点でボールを送り出します。

これがジャンプトスです。

その際にアタッカーは素早くジャンプしておきスパイクを打つ必要があるので、アタッカーとの連係プレーが重要になります。




2.ジャンプトスのコツ

バレーボールでうまくジャンプトスを上げるにはコツがいります。

またコツをつかむだけではなく、何度も練習を重ねることで正確なジャンプトスを上げることができるようになるでしょう。

コツとしては、ジャンプをする際に体がぶれてしまっているとトスも流れてしまい、失敗してしまいます。

ですのでジャンプをする前に一回きちんと止まってから真上のところに向かってジャンプをしてボールをとらえるということが重要になります。

また腕が下がってしまってはうまくボールがとらえられないので、腕が下がらないように気を付けましょう。

またジャンプトスをする際に少しでも高い位置でボールをとらえようという気持ちが出るかと思います。

だけど肘が伸びきってしまっている状態でバレーボールをとらえてしまうと、トスを飛ばすことができなくなってしまいます。

ですのでアタッカーが打ちやすい位置にトスを上げることができません。

なので肘を曲げている状態で高い位置でジャンプしてボールをとらえてそこから肘を伸ばすことでトスを上げるようにしましょう。

ジャンプトスはタイミングをつかむなど、難しいプレーになります。

ですから何度も練習を繰り返す必要があります。

レシーブのようなボールを上げてもらってジャンプトスの練習をする方法や、壁に向かってジャンプトスを繰り返す方法もあります。




おすすめの記事