レフトの役割と向いている人|趣味のバレーボール

バレーボールにおけるポジションに、レフトと呼ばれるポジションがあります。

ではこのレフトはどういった役割を担っているポジションなのでしょうか。

レフトのポジションについての説明をします。

1.レフトの役割について

バレーボールのレフトのプレーヤーはどのような役割を持っているのでしょうか。

レフトは基本的には攻撃を仕掛ける役割を担っているポジションとなります。

アタックで攻撃をします。

また特に勢いのあるスパイクを打って攻撃をするポジションにもなります。

華のあるプレーをすることが多いんですね。

攻撃ではスパイクを打って点を取りに行くということが重要になります。

バレーボールのプレーにおいて花形のポジションであるともいえます。

2.レフトプレーヤーに向いている人

ではレフトのポジション、レフトプレーヤーに向いている人といえばどういった人なのでしょうか。

やはりここぞというところで強いスパイクを決めることができる人が向いている人であるといえます。

レフトの打つスパイクは攻撃の要となります。

チームの良い流れを作るのにも、スパイクは欠かせません。

またバレーボールのゲーム中のしんどい時にスパイクを決めてこそ、チームの流れを良い方向に変えることができるのです。




勢いのあるスパイク、力強いスパイクを打つことができる人が向いているといえますね。

また勢いのある強いスパイクを打つためには強い肩が必要です。

ですので強い肩を持っている人や、高くジャンプできる人、背の高い人が向いているといえるでしょう。

そしてここぞというところで点を取りに行くことが出き、スパイクを正確に決めることができる人も向いています。

スパイクの決定率が高ければ高いほど、レフトのポジションに向いているといえますね。

また、相手チームもスパイクを打とうとしたらブロッカーがしっかりブロックについてきます。

そのブロックにもひるまず、瞬時にどこに打てばいいのかを判断して思いっきり打ち込むことができる強さも必要です。

瞬時に打つ場所、打つコースを判断することができるような、判断力、瞬発力も必要であるかと思います。

3.レフトはエースアタッカー

レフトにはエースとして得点をとる、得点源となることを期待されるエースアタッカーがおかれることが一般的です。

バレーボールにおける花形のプレーヤーであるともいえるでしょう。

力強いスパイクを打つことによって、華のあるプレーをすることができます。

ここぞというところでスパイクを決めると盛り上がること間違いなしですね。

憧れる人も多いポジションなのではないでしょうか。




おすすめの記事