リベロの役割と向いている人|趣味のバレーボール

バレーボールのポジションとして重要な役割を持っているものに、リベロがあります。

リベロという名称は聞いたことがあるけれど、そのリベロの持っている役割や向き不向きについてはわからないという方も多いと思います。

ではリベロはどういった役割を担っているのでしょう。

1.リベロの役割って何?

基本的にリベロの役割は守備になります。

守備の要という重要な役割をもっています。

自分のチームのコートに返ってきたボールをしっかりレシーブしてセッターにつなげることがリベロの役割です。

きちんとセッターにボールを返すということも大事な役割なのです。

なのでリベロは単にレシーブをすればいいというわけではなく、セッターに返すという重要な役割があるのです。

またリベロの役割として他に、監督の言葉などをチームメイトに伝えるという役割も担っています。

リベロは審判の許可を得ずともコートの内外を出入りすることができるという特徴を持っています。

ですのでコート外の監督の指示や言葉をコート内のチームメイトに伝えるという役割も果たすことができるのです。

コート内のプレーヤーとコート外の監督などとの関係をつなぐ役割を担っています。

2.リベロに必要な資質

リベロが担っている役割は先ほど記載しましたが、ではそのリベロ特有の役割を果たすためにはどういった資質が求められるのでしょうか。




リベロに対して求められる資質としましては、まず正確なレシーブの技術です。

確実に丁寧にセッターに返すレシーブをしなければいけません。

ですので丁寧により確実にセッターに向かってセッターがトスを上げやすいようなレシーブをすることができる資質が必要になります。

それからまた誰よりもレシーブがうまいことが大切ですね。

そしてリベロは実は幅広いディフェンス力が必要になります。

ボールが落ちないようにレシーブをしっかりとるというレシーブ力も必要ですが、スパイクがリベロの方向に飛んでくるケースもあります。

スパイクはレシーブが苦手なプレーヤーめがけて打たれるものですが、リベロに向かって打たれることも近年のシステムでは出てきています。

ですのでしっかりとレシーブで勢いを殺してセッターに返すという技術が必要になります。

3.リベロに向いている人

バレーボールをプレーする上でリベロというポジションに向いている人はやはり誰よりも一番正確にレシーブすることができるレシーブがうまい人になります。

リベロとしてのレシーブはボールが落ちないよう守備をするだけでなく、丁寧にセッターに返すことによって、セッターからのトス、アタッカーのスパイクといった攻撃につなげられます。




おすすめの記事