ライトの役割と向いている人|趣味のバレーボール

バレーボールにおいてライトと呼ばれるポジションにはどういった役割を担っているポジションになるのでしょうか。

ライトは様々な役割を担う必要がありますので、オールラウンドプレーヤーとなるケースも多いです。

1.バレーボールにおけるライトの役割について

ライトのポジションが持っている役割としては、様々な役割があげられます。

他のポジションの補助的な役割を担っているんですね。

なのでオールラウンドプレーヤーである必要性があります。

役割としては、セッターやアタッカーの補助的なものになります。

最初にボールを拾ったのがリベロなどのプレーヤーではなくセッターだった場合、次にアタッカーに向かってトスを上げる人がいなくなってしまいます。

そこでライトがセッターの代わりに、セッターの役割をこなす必要が出てきます。

正確なトスをアタッカーにあげるという役割になります。

相手チームからのボールがどこに飛んでくるかわかりませんから、セッターが最初のボールをとることになる可能性ももちろんあるんですね。

そうなった場合にすぐにセッターの役割にうつる必要性があります。

またアタッカーとしてのスパイクをライトが打つというケースもあります。

バックトスがあげられてライトがスパイクを打つというケースも出てきます。




ですので力強い勢いのあるスパイクを打つことができるという必要もあるのです。

状況によって様々な役割が求められます。

2.ライトに向いている人はどんな人

ライトに向いている人は様々なポジションの動きをすることができる人があげられます。

セッターやアタッカーの補助的な役割をする必要がありますので、きれいで正確なトスを上げられなければいけませんし、また力強いスパイクも打てなければいけません。

なのでどのようなプレーもしっかりこなす、オールラウンドプレーヤーである必要があります。

ですからオールラウンドプレーヤーがライトのポジションに向いているといえるでしょう。

また状況を瞬時に判断して、ほかのプレーヤーの補助に入る必要性があります。

ですのですぐに状況を見極められる力や正しい判断を下すことができる判断力が必要になりますね。

そういった力を持っている人が向いているといえるでしょう。

すぐにセッターのポジションに入ったり、アタッカーとしてのポジションに入ったり、ブロッカーとしてブロックをしに行ったり、またボールを拾ったりと、チームメイトの状況やボールの状況に合わせて動くことができるようになる必要がありますね。

チームにおいて重要なポジションになります。




おすすめの記事