セッターの役割と向いている人|趣味のバレーボール

バレーボールにおいてセッターは非常に重要なポジションになります。

バレーボールにおけるゲームの支配者ともいえるポジションなんですね。

そんなセッターの役割やセッターに向いている人について紹介します。

1.セッターの役割について

バレーボールにおけるセッターというポジションはどういった役割をもっているのでしょうか。

セッターは基本的にアタッカーが打ちやすいボールを上げる、つまりトスを上げる役割を持った選手となります。

相手チームから帰ってきたボールはレシーブされてセッターのところへ飛んできます。

そうするとアタッカーが打ちやすいようなトスをあげるという役割になります。

セッターはトスを上げる際に正確さが求められるんです。

どの角度のボールもどのアタッカーであっても、正確にトスを上げなければいけません。

強いスパイクを打てるアタッカーがいても、そのアタッカーが打ちやすいようなトスがあげられなければ、プレーはうまくいきません。

レシーブの際にセッターに返すということが基本の形となるのですが、レシーブが乱れてしまうこともあります。

うまくセッターにレシーブすることができないこともあります。

そんな乱れたレシーブにも対応する力が必要になります。

2.セッターに必要な資質

セッターには様々な資質が必要とされます。




ではどういった資質が必要なのでしょうか。

まず総合的な判断力が必要になります。

冷静にゲームの全体を見渡すことができ、そして冷静に正確な判断をきたすことができるような判断力が必要なんですね。

また、冷静にバレーボールチームのその日の調子、そしてバレーボールチームのチームメイトの性格を分析することができるという資質も必要になります。

しっかりとチームメイトのことを把握することができる観察眼が必要なんですね。

それからデータに関する理解も必要です。

データに基づいてボールの配球の組み立てができればなおよいでしょう。

3.セッターにはどんな人が向いているか

セッターというポジションには向き不向きがあります。

ではどういった方がセッターに向いているのでしょうか。

やっぱり同じチーム内で特にセッターに向いている人がセッターをするのが一番いいと思うんですね。

セッターに向いている人はバレーボールのゲーム中において常に冷静でいることができる人です。

感情的にならずに冷静にゲームの状況を判断し、ゲームの流れを作れるような配球をすることができる人ですね。

また頭の良さも必要になります。

頭が良くて常に冷静でいることができ、判断力が高く良い流れに変えることができるムードメーカーな人です。




おすすめの記事