ARSのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードは波に乗るマリンスポーツですが、波にどのように乗るかでその楽しみ方も変化してきます。

そんなにアクションはつけずに一本の波をのんびり滑るだけでも十分楽しめますが、強弱をつけてアクションを取り入れるのは、スパイス的に楽しめます。

ARSとはエアリアルのことです。

ARSのやり方はエアリアルのところで説明させていただいたとおりなので、ここではARSをマスターする上で必要な波のコンディションについてもふれたいと思います。

1.ボディボードのARSとは

ボディボードのARSとは、エアリアルのことをいいます。

Aerial Roll Spinと英語では書きます。

着水時までに回転するのでエアリアル(Aerial)にRoll Spinが加わったものです。

一連の流れとやり方は、エアリアルのところで説明させていただいたとおりです。

おさらいがてらに少しだけふれると、ボトムターンからトップに上がり、掘れる波と勢いのあるリップにスピードをつけてボードを当て込みます。

リップにボードを当てて、そのまま減速させずにリップを飛び出して回転して着水させるものです。

2.波のコンディションを読めないと難しい

ARSにチャレンジするには、大前提としてボディボードの基礎的な動作とエルロロができることでしょう。

簡単にとらえれば、エルロロを掘れる波でスピードをつけて行い派手に回転するものです。

エルロロは比較的小さな波でもできますが、ARSはリップを飛び出すほどのスピードが必要になりますので、ある程度の大きさと比較的掘れる波のほうが適しているでしょう。

ある程度の大きさと比較的掘れる波のポイントとは、上級者向きのポイントとなります。




潮の流れも速いところが多く、流されやすいポイントでもあると言えます。

さらに掘れる波は力もあるのでワイプアウトするともみくちゃにされ方がかなりきつくなります。

波は地形と気象状況と潮汐変化に依存しますので、十分にそのポイントのことを理解した上でチャレンジする必要があるでしょう。

潮汐変化と気象条件の変化で、そのポイントの波がどのように変化するかをあらかじめ把握しておくことで、波のコンディションの急変時の対処が容易になるでしょう。

また、そのようなポイントに入る時は一人では入らずに必ずボディボードやサーフィン仲間と入ることをお勧めします。

できれば、そのポイントに慣れている方で自分よりもボディボード上級者の方と入るのが良いでしょう。

3.スピードコントロール力と体の軸

ARSで必要となるスピードのつけ方は、ボトムターンのやり方だとエアリアルのところでも触れたようにボトムターンを上達させることで、スピードコントロールができるようになります。

スピードをつけるだけでなく、コントロールすることで波のコンディションにあわせて調整できるようになるので、ARSを狙える機会がより増えると言えるでしょう。

そのほかに、回転させての着水ではボードが体から離れることもあり体の軸の取り方が難しくなります。

基本的にはエルロロと同じなのですが、体とボードが同じように回転する必要があります。

慌ててボードだけを先に回転させてしまうと回転の軸が崩れるので着水が失敗する確率が高まります。

回転はエルロロの時と同じように軸がブレないようにするのが重要でしょう。




おすすめの記事