ボディボードで起こりやすい事故とその予防法

できることなら避けたいのは海の事故です。

海はとても楽しいところですが、時に恐ろしい顔を見せてきます。

ここではボディボードを楽しむにあたり避けるべき事故について触れたいと思います。

1.ボディボードのルールはしっかり守る

まずボディボードのルールをしっかり守るというこが大前提です。

次にあげるルールとマナーは遵守致しましょう。

マナーのところでも紹介しましたが滑っている人の進行方向でテイクオフしないこと。

波のピークでテイクオフしている人がいるのにその進行方向でテイクオフしないこと。

さらにワイプアウトする時は、ボードを周辺の人に向けないこと。

合わせてワイプアウトしそうな人がいたらボードが飛んでくる可能性をいち早く察知して逃げること。

ワイプアウトした時は頭を守り落ち着くこと。

入っているポイントが岩場か砂浜かを把握しておくこと。

ルールやマナー違反をするとボディボードやサーフィンをやっている人たち同士でのトラブルにつながりますし、ボードがぶつかった時は大怪我を負わせたり負わされたりします。

万が一のことも考えてポイント周辺の病院の連絡先や場所はチェックしておきましょう。

事故を完全に防ぐのは難しいかもしれませんが対処方法を事前の用意しておくことでお互いの被害を軽減することができます。




2.海のコンディションを把握して事故を防ぐ

次に海のコンディションについて考えてみます。

ボディボードは海で楽しむスポーツであるため、海のことを知っておくことが必要です。

海は地形と風、潮汐変化により潮の流れが急にきつくなったり、波が急に高くなったりします。

波が急に高くなって、自分では無理だなと感じたらすぐに陸に上がりましょう。

また、潮の急変などで急に流されてしまうこともありますので、ビーチに辿りつく体力を残すつもりで練習することを心がけましょう。

万が一、離岸流に流されてしまった場合は、流れに逆らうのではなく、流れる方向の左右どちらかにパドルしていくのがいいでしょう。

ずいぶん流されますが、いずれ強い流れから外れていきます。

3.車の事故

最後に車の事故にも気をつけましょう。

海に行かれる時はほとんどが車で行かれると思います。

ボディボードを夢中でやっているとかなり体力を消耗します。

おまけに朝が早いので眠くなったりして、車の運転に十分に気をつける必要があります。

疲れている時は運転する前に少し寝て疲れをとったり、仲間同士で海に行っている場合は交代で運転することを心がけましょう。

ボディボードを楽しむために事故を防ぐ対処、事故を起こしてしまった時の対処方法は事前にチェックしておくと安心です。




おすすめの記事