ボトムターンのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボートの魅力は、まっすぐ海から陸に滑ることではなく、波の上を縦横無尽に滑ることでしょう。

そのように縦横無尽に滑るためにはボトムターンと言われるテクニックが重要となってきます。

ここではボディボート初心者の方々がわかりやすいようにボトムターンについて説明いたします。

1.ボディボードの上達に重要となるボトムターン

なぜボトムターンが重要なテクニックかというと、スピードをつけることができ、ボディボートのエルロロをはじめ他のテクニックにつなげる起点ともなるテクニックだからです。

観点をかえれば、ボトムターンがタイミングよくできるのであれば、他のテクニックへのチャレンジも多く行うことができるので上達も早くなります。

ボディボートのボトムターンはその名のとおり、波のボトムでターンするものです。

テイクオフしてそのまま横に滑るだけではなく、波のボトムにまで降りてから波のトップに向かっていくテクニックです。

ボトムまで降りて、向きを変えていくのですからこのターンの仕方で、波のトップに向かうスピードが変わってきます。

ボトムで力を上手くためられることができれば、早いスピードを手に入れることができますし、タイミングをコントロールすることができれば、他のテクニックへのつなぎもスムーズとなります。

2.ボトムターンのコツ

波のボトムまで降りて、波のトップに上がるだけと考えるととても簡単に思えますがボトムターンは基礎的なテクニックでもあり、難しいものでもあります。

ボディボートでテイクオフを覚えたての頃は、まっすぐ滑っているだけですが、ここで少し斜めに滑るようにしましょう。

そうすると波のフェイス(斜面)を滑る感覚がわかります。




次にフェイスを滑っているとテイクオフしてから斜面を滑って、波のボトム(下、海面)にたどり着くのがわかります。

コツの一つ目は、こうやってまずはどこがボトムなのかを知ることだと思います。

その次はチャレンジです。

フェイスを滑り、ボトムに差し掛かる前に自分の体重をボードのレール側にのせるように意識します。

そうすることで重心がボードのレール側に移動するので、自然とボードのレールが波に食い込むようになります。

簡単なようですが、ここの体重移動のタイミングと重心の傾け方でレールの食い込み方が変わりますので、その後のスピードのつけ方が変化してしまいます。

あまり早く体重を移動しすぎても失速してしまいますし、ボトムに降りきってからの移動ではレールが食い込むことができないのでターンできません。

コツとしては、いいタイミングで深くレールを波に食い込ませることで力をためてターンすることでしょう。

ボトムできれいにレールを食い込ませることができれば、力をためてターンすることができ、波のトップに向かって滑ることができます。

この時に今度は、食い込ませたレールを波から抜いてあげる必要があります。

これも体重移動で行います。

ボトムターンの時にレール側に移動していた体重をもとに戻すだけでボードは水平になり、波のトップにきれいに上がっていくでしょう。

体重移動での重心の変え方は、はじめは難しく感じますがコツとしては、体重をどちらのレール側にのせるのか意識することです。

意識することで自然と重心を移動することができるでしょう。

どんなにうまいボディボートのプロでも、ボトムターンをいつも気にして改善を繰り返しているそうです。

ボトムターンは簡単にみえて、とても重要なテクニックなのでなんどもチャレンジして見につけましょう。




おすすめの記事