ボディボードをやるなら知っておきたい浮力について

ボディボードはボードに腹ばいになって乗った姿勢で、波の上を滑るスポーツです。

ということはボードには浮かぶ力があり、浮力の大きいボードを選べばいいように感じますがそんな簡単ではないようです。

ここではボディボードのボードの浮力について考えてみたいと思います。

1.ボディボードのボードは浮力が大切

誤解を恐れずに言ってしまうとボディボード初心者の方は浮力のあるボードを選びましょう。

ボディボードのボードの浮力は厚みと大きさに依存します。

ボードが厚ければ厚いほど、大きければ大きいほどよく浮きます。

浮力があるというメリットは、テイクオフやスピードにでてきます。

浮力があるボードにのるほうが、わずかなキッキング(足こぎ)で推進力をつけることができるのでテイクオフも楽にできるでしょう。

浮力のないボードと浮力のないボードを比べたら浮力のあるボードのほうがスピードをつけやすいです。

これらの理由からボディボード初心者は迷うことなく厚みのあるボードを選ぶのがいいでしょう。

ただし自分の身長と体重に合わせたほうがいいので、必ずボディボードショップか大手スポーツショップなどで店員さんと相談しながら決めるのをオススメします。

2.浮力がありすぎるリスク

浮力が良すぎることでリスクもあります。

それはボディボード初心者から次第にステップアップしていく過程です。




まずはテイクオフして滑る感覚を楽しみたいものですが、そこからボトムターン、トップターンと波を楽しむテクニックにステップアップしていくと思います。

ボディボードにとって最も重要なボトムターンは、ボードのレールを波に深く食い込ませることで力をためてスピードをつけるものです。

ボードが厚いということは、波に食い込ませるのが難しいということになります。

テイクオフがスムーズにできるようになって、ボトムターンにチャレンジしているのになかなかできないという方は、ボードの厚みを再度検討してみたほうがよいかもしれません。

あともう一つはドルフィンスルーです。

ドルフィンスルーはボードを沈めてスープの下をくぐっていくものです。

あまりに浮力があり過ぎるとボードをきれいに沈めることができず、グラグラしたりすっぽ抜けたりしてしまいます。

ゲッティングアウトした時にはヘトヘトになってしまい、本末転倒になりかねません。

そのようなことも考慮して自分のスキルや身長体重に合わせてボードを選びましょう。

スキルに合わせてボード変えていくのもボディボードの楽しみ方の一つだと思います。

この時に自分一人だけで決めるのではなく、何人かの信頼できるボディボードショップの店員さんに相談しながら決めることができれば安心です。

普段から立ち寄れるいきつけのボディボードショップを近所に見つけておくとよいでしょう。




おすすめの記事