カットバックのやり方とコツ | 趣味のボディボード

一本の波をどれだけ楽しめるかは、どれだけ長く時間波の上滑れるかでしょう。

カットバックは少しでも長く滑れるようにするために必要不可欠なテクニックになります。

ここでは、そんなカットバックについて簡単に説明したいと思います。

1.ボディボードのカットバックとは

ボディボードは、波が砕けるスープの前の状態の波のフェイスを上下、横に滑っていくものです。

波が砕ける前の状態をパワーゾーンといい、この波切り立つエリアにいれば波のフェイスを滑っていくことができます。

あまりにスピードつけて滑り過ぎて、パワーゾーンから抜けてしまったり、取り残されてしまった場合は、もう波のフェイスを滑っていくことができません。

カットバックとはこのパワーゾーンから抜け出さないためのテクニックです。

また、カットバックの切り返しを大きなアクションでやるととてもかっこよく見えるでしょう。

2.カットバックの流れ

ボディボードのカットバックの流れは、ボトムターンから波のトップに上がり、この時にパワーゾーンから抜け出ないために逆方向に切り返します。

そして逆方向に進んだ後にさらに逆方向に進むという流れです。

アクションの一つ一つみていくと次のようになります。

ボトムターンから波のトップに上がってくる状態では、レールは波に食い込ませずにフラットの状態です。

トップに上がきる前のタイミングでトップターンをします。

この時に切り返す方向に体重移動をさせてレールを食い込ませます。




この時にボトムターンからスピードがのっていないとレールを食い込ませることができないので慣れが必要です。

コツは、ボトムターンでスピードつけることと、波のトップに上がりきる前にレールを食い込ませることです。

そうすると再び波のボトムに向かって進んでいきます。

そうするとはじめにボトムで切り返した時のスープにぶつかります。

ぶつかって切り返すのもいいのですが、コツとしてはスープにぶつかる少し手前で再び体重移動でレールを入れ替えてあげます。

そうしてボトムに降りきる少し手前でボトムターンを再びすることで、波のパワーゾーンから抜けることなく、滑り続けることができます。

カットバックでもやはりボトムターンでのタイミングと力のため方が非常に重要となってきます。

そして、トップターンでのレールの切り返しがポイントです。

ボトムターンでスピードをうまくつけてトップでの切り返しを大きなアクションでやると、見ている側にはこの切り返しがとてもかっこよく見えます。

そのためにはいかにトップ手前で進行方向に、早く、深くレールを入れ込むことができるかにかかってくるでしょう。

スープ側でのターンは、スープの力を使うことができますが、こちらもポイントはいかに進行方向側のレールを波に深く食い込ませるかで決まるでしょう。

ボディボードのカットバックは、縦に横にターンを繰り返すものです。

このテクニックを覚えることで波のパワーゾーンを常に捉えることができるようになり、一本の波で長い時間のライディングを楽しむことができるでしょう。




おすすめの記事