ドロップインのやり方とコツ | 趣味のボディボード

ボディボードは、誰もが簡単にはじめることのできるマリンスポーツです。

様々なスポーツにはルールがあるように、ボディボードにもルールがあります。

その中でも絶対にやってはいけないことがドロップインです。

ここではドロップインについて簡単に説明したいと思います。

1.ボディボードのドロップインとは

サッカーで相手に怪我を負わせたりするとレッドカードとなり、退場させられるように、ボディボードでも退場に匹敵するぐらいにやっていけない行為があります。

それは、ドロップインという行為です。

ボディボードとサーフィンのテイクオフ(波に乗る)は、波が割れる寸前のところであるピークのところで行います。

テイクオフの優先権は、ピークに最も近いところにいる人です。

優先権の場所からテイクオフしている人がいるのに、その進行方向にいる人がテイクオフしてはいけません。

つまり、波のブレイクポイントからテイクオフした人の進行方向にいる人はテイクオフしてはいけないのです。

もしあなたが優先権のある場所からテイクオフしたのにもかかわらず、自分の進行方向にいる別の人がテイクオフして波に乗り始めたらどうなるでしょう。

あなたは波に乗るのを邪魔されてしまい、途中からその波に乗れなくなってしまいます。

とても不快な気分になると思います。

不快な気分になるならまだいいほうでしょう。




ボディボードやサーフィンのテイクオフに優先権があるのですから、うねりがやってくるとみんな競って優先権のあるブレイクポイントめがけてパドリングやキッキングを始めます。

それだけ競り合うのですから、テイクオフはタッチの差になることもよくあることです。

そのような際どいテイクオフの時にもし誰かの進行方向の前でワイプアウトしてしまったらどうなるでしょう。

逆にテイクオフしたあなたの前にいきなり誰かがワイプアウトしたらどうなるでしょうか。

激突してしまいます。

とてもパワーのある波の中で激突することはとても危険なことです。

相手がサーファーだった場合は、さらに危険です。

なぜなら、サーフィンのボードはボディボードのボードに比べると固く、フィンは鋭利で刃物と変わりません。

そんなボードが自分にぶつかったり、相手に当たってしまうととても危険ですよね。

ドロップインという行為は相手にも自分にも危険である行為ですから絶対にやってはいけません。

2.ドロップインをやってしまったら

もし、ドロップインしてしまったら大きな声で謝りましょう。

同時に軽く会釈するとよいでしょう。

また、ボディボードと同様に海の上で楽しむマリンスポーツのサーフィンでもドロップインは絶対にやってはいけない行為です。

テイクオフの優先権の考え方はサーフィンでも同じですし、世界共通のものですから、ルールをしっかりと守ってボディボードを楽しみましょう。




おすすめの記事