ドロップニースタイルのメリット・デメリット | 趣味のボディボード

ボディボードには、ドロップニーというスタイルがあります。

これはボードの上に片膝をついて中立ちするようなスタイルです。

基本的にはボディボードはボードに腹ばいになってすべるものであり、これをプローンスタイルと呼んでいます。

通常はプローンスタイルで楽しみ、たまにドロップニーのスタイルで楽しむのもいいかもしれません。

1.ボディボードの基本ができて楽しめるもの

ドロップニーはボディボードの基本的なプローンスタイルで波に乗れる方がトライして楽しむものとして捉えてよいと思います。

プローンスタイルでテイクオフができなければ、当然ドロップニーでテイクオフすることもできませんので、プローンスタイルでちゃんとテイクオフできるようにしましょう。

そして当然、プローンスタイルでボトムターンやカットバック、スピンなどができなければ、当然ドロップニースタイルでもそれらのテクニックを行うことができません。

その意味でも、まずはプローンスタイルでの基本的な動作、テクニックをしっかりと身につけることをオススメします。

2.ドロップニーはサーフィンに少し近い感覚

ボディボードでは、通常のプローンスタイルで波に乗ると腹ばいでボードの上に乗って波の上をすべるので、波のボトムに降りるとトップから波の崩れかかる迫力を感じることができるのでとても刺激的な空間とスピード感を得ることができます。




ただ、視線が海面に近い分見える範囲も狭く、視野が狭くなるのも仕方がありません。

しかしながらドロップニーで片膝ついて少し立つだけで、視野がものすごく広くなります。

普段プローンスタイルで波乗りしているボディボーダーにとって、ドロップニーで見た波乗りの感覚はプローンスタイルよりとても刺激的に感じられるかもしれません。

さらにドロップニーでも通常のプローンスタイルのボトムターンからカットバック、そしてスピンなどもできますので、ボディボードがとても刺激的なものになるでしょう。

ドロップニーは、ボディボードとサーフィンの中間的な感覚を得られると思います。

3.ボードを変えてみる

本格的にドロップニーのスタイルを身につけたい場合は、ボードのサイズを変えてみるのもいいかと思います。

プローンスタイルと異なり、ほぼ全身をボードに乗せてしまいますので、普段使っているボードより少し大きめのものがいいでしょう。

そして、ボードの中に埋め込まれているストリンガーの数も考慮したほうがよいかと思います。

このような専門的なボードを手にいれるためには、大手スポーツショップやボディボード専門ショップに足しげく通い、よく相談してから購入するのがよいでしょう。

自分にしっくりとくるボードを手にいれることができれば、普段よりもドロップニースタイルを楽しめるようになるでしょう。




おすすめの記事