初めてボディボードをするときの服装選びのポイント

ボディボードをやりに海に行く時はもちろん動きやすい服装、着替えやすい服装がいいですよね。

あまり海に行きなれていないとどんな服装がよいのかわかりません。

ここでは海に行く時の服装について簡単に説明したいと思います。

1.ボディボードをやる上での服装

ボディボードで海に入る時にはウェットスーツやラッシュガードに着替えますので、海に行く時は着替えやすく汚れてもいい服装で行きましょう。

女性の方もスカートやハイヒールではなく、パンツルックにスニーカーがよいでしょう。

着替えやすいということから考えると少しゆとり目のある服装がよく、温かいものを選びましょう。

海は風の強い場所ですので、普段の生活よりも1枚多めの着替えを用意しておきましょう。

風除けのウィンドブレーカーや毛糸の帽子も、冬の波チェックの時は欠かせないお役立ちツールでしょう。

特に冬は体が冷えるので、海から上がったら腰などに携帯カイロを貼ると温まります。

また、急に体調が悪くなることもありますので毛布が1枚あると、少し仮眠する時などにとても役立ちます。

2.着替えにはポンチョ

特に女性の方がサーフィンをする時は、海での着替えに気を使いますよね。

大きな車でスペースがある方は、冬場は車の中での着替えもおすすめです。

車にスペースのない方は、大きめのポンチョを用いると大変着替え易いです。

昔は、手作りの方が多かったですが、今ではボディボードショップや大手スポーツショップなどで販売されていますので、なるべく大きめのものを購入されるとよいでしょう。




3.ダボダボトレーナー

ポンチョと同じように着替えに役立つのがダボダボのトレーナーやパーカーです。

濡れた体は寒さが倍増です。

海から上がりクタクタになった状態でウェットスーツを脱ぐのはとても大変です。

冷たい風が強く吹いていたらもう涙がでてくるのを通りこして、命の危険さえ感じます。

そんな時はダボダボトレーナーです。

ウェットスーツを上半身脱いで、お湯をかぶったら体を拭かずにすぐにダボダボトレーナーを着て下さい。

それだけで外気を防ぎ、寒さを和らげてくれます。

あとはゆっくりと下半身のウェットスーツを脱ぐだけです。

上半身裸のままで、寒さに震えながら下半身のウェットスーツを脱ぐのは、非常に大変です。

なるべく大きめのトレーナーかパーカーを選ぶのが重要です。

これらはまだ海でのあれこれが習慣化されていない初心者がスムーズに着替えのできる重要なコツです。

一度やったらきっとやめられなくなります。

ボディボード初心者の方は是非、試してみてください。

4.温かい食べ物

服装とは直接的に関係ありませんが、体を冷やさないためのツールとして温かい食べ物や飲み物、疲れを癒す甘いものを携帯していくと重宝します。

冬は当たり前ですが夏でも、長時間海に入ると体が冷えます。

水筒には暖かい飲み物を入れて持って行くと、体がとても温まって助かります。

ボディボードはとにかく動くし、疲れるのでちょっとした甘いおやつを持って行くと疲れがとれて役立ちます。




おすすめの記事